スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.201(2018年6月号)←詳細&購入はここ!
unnamed.jpg
『特集 改めて問うべき疾患 足関節捻挫」
──2つの調査結果とCAIへのアプローチについて
 
1.「足関節のインターハイ大規模調査の結果から考える」
――まだまだわかっていない、理解されていないことが多い現状
 中山修一・公財)日本バスケットボール協会 スポーツ医科学委員、公財)日本オリンピック委員会、強化部医学サポート部門員、JR 東京総合病院 主任医長

2.「足関節捻挫の治療」
――スポーツ現場の実態調査から
 浦辺幸夫・広島大学大学院医歯薬保健学研究院/スポーツリハビリテーション学研究室
 
3.「足関節捻挫と慢性足関節不安定症」
── 異常キネマティクスとその修正方法
  氏家憂也・はちすばクリニック リハビリテーション科
 

花田学園スポーツ医科学フェスティバル2018
スキルアップトレーナーセミナー
――コアトレーニング


日程/8月26日(日)

時間/午後12時~5時

会場/花田学園3階講堂他

主催/花田学園スポーツ医科学フェスティバル事務局(花田学園AT専攻科、東京有明医療大学ATコース)

協力/花田学園、東京有明医療大学

内容/
「機能(知識・思考)」大久保雄(埼玉医科大学保健医療学部)
「トレーニング(強化・向上)」伊藤良彦(株式会社R&S COMPANY・B リーグ川崎Brave Thunders S&Cコーチ)
「パフォーマンス(スケート)」門馬崇文(わたなべ整形外科・平昌五輪スピードスケート帯同トレーナー)
「パフォーマンス(野球)」佐々木理博(サクハルコンディショニングパーク、元福岡ソフトバンクホークストレーナー)

対象/スポーツ医・科学に関わる方、スポーツ指導者、これらを目指す学生

定員/150名(定員を上回る申込みがあった場合、第2会場にてビデオ聴講実施有)

参加費/一般2, 000円、学生(大学生、大学院生、専門学校生)1,000円
*当日受付にてお支払いください。学生の方は学生証をご提示ください。

参加申し込み/①申し込みサイトより申し込む

②メール申し込み:件名:「花田SF2018」氏名、所属先、一般または学生の別を記載し下記メールアドレスまで申し込む

申し込み締切/8月13日(月)

問い合わせ/花田学園スポーツ医科学フェスティバル事務局
E-mail:hanadaat@gmail.com
当日連絡先:03-3641-4787 /4740
スポンサーサイト
BIGBEAR &INDIBA ® active 
Special Collaboration Seminar in 八王子


日程/7月8日(日)

時間/午後1時~5時

会場/ビッグベアアスリートジム(東京都八王子市横山町22-1 FTビル7F)

共催/BIGBEARアスリートジム、インディバ・ジャパン

内容/「傷害復帰から競技復帰への効果的な処置とテクニック処置――キャスト固定、足関節テーピング、肩関節etc…」
大隈重信(BIGBEAR代表)

「インディバ ®・アクティブ」ワークショップ――肩関節、股関節にフォーカスしたアプローチ」
インディバ・アクティブインストラクター

定員/30名(定員になり次第締切)

参加費/材料費5,400円(税込)

申し込み方法/PDF内の「FAX申し込み用紙」に記入し、下記までFAXで申し込む

問い合わせ/株式会社インディバ・ジャパン東京本社
FAX:03-5768-8872


第1回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム

期日/9月22日(土)

時間/午前9時30分~午後6時40分

会場/京王プラザホテル(東京都新宿区)

主催/Tokyo International Sports Medicine(一般社団法人 東京国際スポーツ医学機構)
医療法人社団スポーツメディカル 八王子スポーツ整形外科
株式会社 医進伝新

内容/『アスリートの視点に立つこと』、『しっかりとした長期的ビジョンを持つこと』、この2点をテーマに学閥、派閥を超えたスペシャリストたちが集結し、2020年の先を見据えた、今までにはないフォーラム。

*プログラム詳細は下記URL参照

定員/400名

参加費/ドクター:アーリーエントリー 18,000円(レイトエントリー 22,000円)
コメディカル:アーリーエントリー 11,000円(レイトエントリー 15,000円)

*6月下旬より下記URLより受付を開始する予定です。7月末までがアーリーエントリーの対象

問い合わせ/第1回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム事務局
TEL:042-686-2337
FAX:042-686-2371
E-mail:info@tokyoism-innovation.org

MMSSMサイトで購入できる電子書籍のご案内
b_shop_007.jpg
電子書籍
The Real Physical Therapy
―理学療法の現場から―


監修/鈴木俊明、後藤 淳、大工谷新一、渡邊裕文、三浦雄一郎、谷 万喜子

編集/関西理学療法学会

A4判 742ページ 電子書籍(PDF)
2017年6月27日発売
定価:1620円(本体1500円+税)

■主な目次
第1章 運動器疾患に関する理学療法ケーススタディ
 第1節 肩関節における運動器疾患に対する理学療法
 第2節 肘関節における運動器疾患に対する理学療法
 第3節 腰部における運動器疾患に対する理学療法
 第4節 股関節における運動器疾患に対する理学療法
 第5節 膝関節における運動器疾患に対する理学療法
 第6節 足関節における運動器疾患に対する理学療法
 第7節 スポーツによる運動器疾患に対する理学療法

第2章 神経疾患に関する理学療法ケーススタディ
 第1節 脳血管障害に対する理学療法
  第1項 脳梗塞・脳出血
  第2項 その他
 第2節 変性疾患に対する理学療法
  第1項 パーキンソン病と類縁疾患
  第2項 ジストニア
  第3項 末梢神経疾患に対する理学療法
  第4項 その他の疾患に対する理学療法
索引

★本書は2010年12月18日初版発行(発行所:有限会社アイペック)の電子書籍版である。

購入先/月刊スポーツメディスン公式サイト「MMSSM
スポーツパフォーマンス分析士・測定士養成講座 VBT B-1
日程/6月9日(土)
時間/午前9時~午後5時
会場/京都府京都市伏見区内の大学キャンパス
主催/一般社団法人スポーツパフォーマンス分析協会
内容/VBT B-1【ウェイトトレーニングにおける挙上速度の測定とパフォーマンス分析】
Velocity Based Trainingの理論を理解している。適切な機器の使用方法を習得し、VBTの実施ができる。
・VBTの基礎理論
・速度ゾーン別の実施方法
・Velocity Loss Cutoffの適用(ターゲット設定)
・ベンチプレス、スクワット、スクワットジャンプ
対象/大学や専門学校におけるスポーツ医科学の専門科目の習得およびトレーナー、ストレングスコーチ、医療従事者の資格保有者
定員/10名
参加費/54,000円(税込)
申し込み方法/WEBより申し込む
申し込み締切/6月4日(月)
問い合わせ/一般社団法人スポーツパフォーマンス分析協会
TEL:0467-81-4396
FAX:0467-81-5459
E-mail:jimukyoku@ipas.or.jp


スポーツパフォーマンス分析士・測定士養成講座B-2
日程/6月10日(日)
時間/午前9時~午後5時
会場/京都府京都市伏見区内の大学キャンパス
主催/一般社団法人スポーツパフォーマンス分析協会
内容/ジャンプB-2【ジャンプの測定とパフォーマンス分析】
各種ジャンプの理論を理解している。適切に実施しフィードバックができる。
・ジャンプ動作の基礎理論
・YardStickによる垂直跳び、ランジャンプ。跳躍高と最高到達点。
・オプトジャンプネクストによるRSIの計測、片足ジャンプ、反応ジャンプ
・PUSHのRSI計測、CMJ計測
対象/大学や専門学校におけるスポーツ医科学の専門科目の習得およびトレーナー、ストレングスコーチ、医療従事者の資格保有者
定員/10名
参加費/54,000円(税込)
申し込み方法/WEBより申し込む
申し込み締切/6月4日(月)
問い合わせ/一般社団法人スポーツパフォーマンス分析協会
TEL:0467-81-4396
FAX:0467-81-5459
E-mail:jimukyoku@ipas.or.jp