FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第14 回 埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会

日程/10 月 19 日(土)

時間/午後2時30分~

会場/埼玉医科大学かわごえクリニック 6階 大会議室(埼玉県川越市脇田本町21-7)
(JR 埼京線「川越」駅下車 徒歩 3 分、東武東上線「川越」駅下車 徒歩 3 分、西武新宿線「本川越」駅下車 徒歩 10 分)

※会場駐車場は診療時間中のため患者様専用となっております。出来るだけ公共交通機関のご利用をお願い致します。
  お車でお越しの際は近隣のコインパーキングのご利用をお願い致します 。

内容/シンポジウム「2020 年東京五輪に向けた代表選手へのサポート(仮)」
国立スポーツ科学センター
高嶋直美(理学療法士 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)
高橋佐江子(理学療法士 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー 障がい者スポーツトレーナー)
立谷泰久(日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング上級指導士)
亀井明子(公認スポーツ栄養士、管理栄養士)

一般演題:募集中

特別講演『膝前十字靭帯損傷の発生シナリオに基づく新たな視点での予防戦略』
小笠原一生(大阪大学大学院医学系研究科健康スポーツ科学講座運動制御学 助教)

認定単位(予定)/日本整形外科学会教育研修会 1 単位 分野番号[2] [13]又は[S]スポーツ医、日医認定健康スポーツ医学再研修会 1 単位

定員/200 名(会場の座席数が限られておりますのでご了承下さい)

参加費/一般 3,000 円、学生 1,000 円
※日本整形外科学会研修単位取得希望の先生は、受講費 1,000 円を徴収させていただきます。

申し込み方法/申し込み先URLから項目に従ってご回答し、申し込む。
もしくは、事務局宛に「埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会参加希望」として、メールまたは FAX にて①~③の事項を記入のうえ、申し込む
①氏名(ふりがな)、②所属施設名・職種、③連絡先:住所・電話番号・メールアドレスあるいは FAX 番号

申し込み締切/10 月 2 日(土)

問い合わせ/埼玉医科大学かわごえクリニックリハビリテーション科(担当:名塚健史)
TEL:049‐238-8292
FAX:049‐238-8273
E-mail:kcreha@saitama-med.ac.jp
スポンサーサイト



「スポーツ医学コミュニティー」創設のお知らせ
――第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム


2019年10月6日(日)、 京王プラザホテル(新宿)にて開催される「第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム」。

今回、「第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム」の開催にあわせ、「スポーツ医学コミュニティー」創設が発表されることになった。

ご興味のある方は是非、「第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム」にご参加ください。

第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム
早期受付期間 :5月13日(月) ~ 8月20日(火) 23:59
通常受付期間 :8月21日(水) ~ 9月30日(月) 23:59
※早期受付期間の締め切りが迫っておりますので、参加希望される方はお早めにお申し込みください。



「スポーツ医学コミュニティー」
――第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム事務局より

職種や学閥を超えた「スポーツ医学」を純粋に追求したい人たちの集まれる場を作ります。

・スポーツ医学に関するあらゆることに興味がある。
・どうやって勉強したら良いか分からない。
・学校に通う時間とお金がない。
・分からないことを質問できる場が欲しい。
・スポーツに関わる色々な職種の人たちの意見を聞いてみたい。

このように感じている方はいませんか?

個人でできることは限られています。アスリートのために全ての職種が力を合わせ、お互いに勉強討論し日々ステップアップするためのコミュニティーが日本にはまだ存在しません。

この新しい試みのスタートを10月6日の「第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム」に合わせるべく、現在コアメンバーでコミュニティー創設の準備をしています。

対象は「スポーツ医学」に関心がある方であれば、職種、経験などは一切問いません。
ドクター、コメディカル(看護師、理学療法士、アスレティックトレーナー、放射線技師、柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師、心理療法士、管理栄養士、各種セラピストほか)、コーチ、監督、アスリート、スポーツ愛好家、学生、一般人など

10月6日の国際フォーラムの時に詳細をお伝えできると思います。

フォーラムの参加者は、そのままコミュニティー登録可能となるようにする予定です。
賛同してもらえる方は、是非初期メンバーとして一緒にコミュニティーを作り上げていきましょう。

問い合わせ/第2回東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム
E-mail:info@tokyoism-innovation.org
メディカル・ハイドロバッグ研究会
東京 無料勉強会
――脊柱と上肢、下肢の整復理論と整復法


日程/8月3日(土):「概論と下肢の使用法について」
     8月4日(日):「脊柱と上肢について」

時間/3日:午後6時45分~9時45分
     4日:午前9時45分~午後1時

会場/Comfort space 八丁堀(東京都中央区八丁堀2-28-9 田中ビル4F)

内容/極力侵襲の少ない、そして術者の身体にも負担の少ない施術を学びたい、そんな先生方に最適のセミナー

参加費/無料

申し込み方法/専用申し込みページより申し込む

問い合わせ/株式会社エイチ・サポート

花田学園スポーツトレーナー研究会・第21回研修会

日程/令和元年7月28日(日)

時間/午前10時~午後12時

会場/花田学園3階講堂

内容/「肉離れ2019」
奥脇 透 (国立スポーツ科学センター 副センター長、スポーツメディカルセンター長)

対象/スポーツ医・科学に関わる方、スポーツ指導者、これらを目指す学生

参加費/会員1,500円、在学生500円、一般3,000円、学生1,000円

詳細およびお申し込み、問い合わせ/花田学園

第1回 増えていく乳がん患者のための運動指導の基礎知識と最新エビデンス

日程/6月16日(日)

時間/午後2時~4時30分
小島陽子
会場/五反田文化センター第1会議室(東京都品川区西五反田6-5-1)

主催/ロマージュ株式会社

内容/国立がん研究センターの2014年のデータによれば、新たに診断されたがん症例数(罹患数)は、女性で365,881例あり、そのうち乳がんは76,257例と1位を占める。

今回の講義では、乳がんの基礎知識(症状、診断、治療、予後、合併症、リハビリなど)を説明したうえで、運動指導における注意点や段階ごとのゴール設定、モチベーション付けなど、乳がんサバイバーを運動指導する際に求められるポイントを説明。

講師/小島陽子(外科専門医。医学博士。大学院在学中にピラティスと出会い、BASI Comprehensive Pilates Instructor資格を取得。ピラティスとの出会いと実母の病気をきっかけに、総合診療およびスポーツ医学に興味をもち、現在はクリニックでの非常勤医およびピラティスインストラクターとして活動している)

参加費/3,000円 ※銀行振込の情報を別途ご連絡致します。

申し込み方法/申し込みフォームにて申し込む 

問い合わせ/ロマージュ株式会社