FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.209(2019年4月号)←詳細&購入はここ!
SQ209.jpg >
『特集 ジョーンズ骨折」
── 研究会の活動、治療・予防・検診、現場での対応例
 
1.「Jones骨折の発生要因と予防」

 齋田良知・順天堂大学医学部整形外科学講座 講師、
  Jones骨折研究会代表
 西尾啓史・順天堂大学 整形外科スポーツ診療科、
  Jones骨折研究会事務局
 稲葉晃子・ロマージュ株式会社代表、米国公認ATC

2.「Jones骨折の手術法とその考え方」
 齋田良知・順天堂大学医学部整形外科学講座 講師、Jones骨折研究会代表
 西尾啓史・順天堂大学 整形外科スポーツ診療科、Jones骨折研究会事務局

3.「Jones骨折検診で完全骨折を食い止める」
 立石智彦・同愛記念病院 関節鏡・スポーツセンター
 植木博子・東京医科歯科大学整形外科

4.「ジェフユナイテッド市原・千葉におけるJones骨折へのアプローチ」
 秋吉直樹・医療法人社団淳英会おゆみの中央病院リハビリテーション部、
  ジェフユナイテッド市原・千葉フィジオセラピスト、理学療法士・保健医療学博士
 

第1回 増えていく乳がん患者のための運動指導の基礎知識と最新エビデンス

日程/6月16日(日)

時間/午後2時~4時30分
小島陽子
会場/五反田文化センター第1会議室(東京都品川区西五反田6-5-1)

主催/ロマージュ株式会社

内容/国立がん研究センターの2014年のデータによれば、新たに診断されたがん症例数(罹患数)は、女性で365,881例あり、そのうち乳がんは76,257例と1位を占める。

今回の講義では、乳がんの基礎知識(症状、診断、治療、予後、合併症、リハビリなど)を説明したうえで、運動指導における注意点や段階ごとのゴール設定、モチベーション付けなど、乳がんサバイバーを運動指導する際に求められるポイントを説明。

講師/小島陽子(外科専門医。医学博士。大学院在学中にピラティスと出会い、BASI Comprehensive Pilates Instructor資格を取得。ピラティスとの出会いと実母の病気をきっかけに、総合診療およびスポーツ医学に興味をもち、現在はクリニックでの非常勤医およびピラティスインストラクターとして活動している)

参加費/3,000円 ※銀行振込の情報を別途ご連絡致します。

申し込み方法/申し込みフォームにて申し込む 

問い合わせ/ロマージュ株式会社



スポンサーサイト
トレーニング&コンディショニングセミナー 2019
--高機能食品がスポーツパフォーマンスを支える


日程/7月20日(土)

時間/午後12時40分~4時終了予定(受付開始:午後12時) 

会場/日本消防会館(ニッショーホール:東京都港区虎ノ門2丁目9番16号)

主催/トレーニング&コンディショニングセミナー事務局(報知新聞社) 

協賛/株式会社カネカ、日本水産株式会社

内容/アテネオリンピック金メダリストの野口みずきさんに、この春、公務員ランナーからプロランナーに転向した川内優輝さん、MGCファイナルに4人の選手が出場予定の佐藤敏信トヨタ自動車陸上長距離部監督、長年トップアスリートのコンディショニング指導をされている杉田正明 日本陸上競技連盟科学委員長(日本体育大学教授)を迎え、競技者、指導者それぞれの視点と科学的観点からの考察を交え、アマチュアアスリートに向けてトレーニングやコンディショニングに関する講演とパネルディスカッションを行い高機能食品がスポーツパフォーマンスに与える影響を紐解く豪華セミナー

定員/先着300名

対象/年齢制限 18歳以上

参加費/3,000円

申し込み方法/WEBサイトもしくはローソンチケット(Lコード 32643)にて申し込む

問い合わせ/トレーニング&コンディショニングセミナー事務局(報知新聞社事業部)
TEL:03-5479-1383(平日午前10時~午後6時)
ジェルサポーターを活用した整復法とその理論
――上肢編 下肢編


日程/5月25日(土)下肢編
    5月26日(日)上肢編

時間/25日:午後5時~8時
     26日:午後3時~6時

会場/笠井整骨院(大阪市平野区背戸口4-6-19)

内容/足関節用ジェルサポーターでありながら、下肢だけでなく肘関節、手関節などの上肢の整復にも使用可能な応用範囲の広いジェルサポーターを使用した整復法とその理論を学ぶ上肢編。

遭遇頻度の高い足関節をはじめ、リスフラン関節、外反母趾などの鑑別から実際の整復法を学ぶ下肢編。

講師/笠井浩一(笠井整骨院、㈱エイチ・サポート代表)

定員/15名

参加費/無料

申し込み方法/WEBサイトより申し込む

問い合わせ/株式会社エイチ・サポート
TEL & FAX:06-7502-3159

RADIAL SHOCK WAVEセミナー
――RADIAL SHOCK WAVE THERAPYの基礎知識&臨床応用


日程/5月19日(日)

時間/午前9時30分~午後1時30分(受付:午前9時~)
※時間は多少変更する可能性がございます

会場/品川シーズンテラスカンファレンス カンファレンスC(東京都港区港南1丁目2番70 品川シーズンテラス3階)

主催/カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社

後援/日本運動器SHOCK WAVE研究会

協賛/日本メディカルネクスト株式会社、ガデリウス・メディカル株式会社

内容/第2回となる今回のセミナーでは、RADIAL SHOCK WAVEの臨床報告のほか、クリニックでの運用の実際や機器使用時のコツなどにも言及する講演を予定。
また、今回もRADIAL SHOCK WAVEの使用経験豊富なドイツ人ドクターをお招きし、症例報告やデモンストレーションを中心にご講演いただく。
後半にはRADIAL SHOCK WAVEに関するさまざまなトピックスについてのディスカッションを予定

講師/総合座長およびR-SW基礎講師:岩堀裕介(医療法人 三仁会 あさひ病院 スポーツ医学・関節センター長)
海外ゲストスピーカー: Dr. Stephan Swart(Orthopädische Gemeinschaftspraxis)
 ※通訳あり
臨床報告:保田貴三(医療法人 MSMC みどりクリニック 理学療法士)
佐竹勇人(医療法人 和幸会 阪奈中央病院 スポーツ関節協センター 理学療法士)

定員/約50名

参加費/4,000円

申し込み方法/メール(rsw-seminar2019@karlstorz.co.jp)にて申し込む

問い合わせ/カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社
E-mail:rsw-seminar2019@karlstorz.co.jp
月刊スポーツメディスン 第209号(4月号)発売のお知らせ

特集「ジョーンズ骨折── 研究会の活動、治療・予防・検診、現場での対応例」

サッカー選手に多くみられる第5中足骨の疲労骨折は、「ジョーンズ(Jones)骨折」として知られている。日本ではこの骨折に悩む選手が少なくないが、海外ではサッカーの場合、ACL損傷のほうが多いという。今回は、このジョーンズ骨折にフォーカスした「Jones骨折研究会」(代表:齋田良知先生)に取材し、研究会の活動や、ジョーンズ骨折の治療、予防、検診などについて下欄の先生にも詳しく聞いた。また、現場の例として、ジェフユナイティッド市原・千葉の秋吉直樹フィジオに現場でのリスクマネジメントまたエクササイズについて紹介していただいた。

1. Jones骨折の発生要因と予防
齋田良知・順天堂大学医学部整形外科学講座 講師、Jones骨折研究会代表
西尾啓史・順天堂大学 整形外科スポーツ診療科、Jones骨折研究会事務局
稲葉晃子・ロマージュ株式会社代表、米国公認ATC

2. Jones骨折の手術法とその考え方
齋田良知・順天堂大学医学部整形外科学講座 講師、Jones骨折研究会代表
西尾啓史・順天堂大学 整形外科スポーツ診療科、Jones骨折研究会事務局

3. Jones骨折検診で完全骨折を食い止める
立石智彦・同愛記念病院 関節鏡・スポーツセンター
植木博子・東京医科歯科大学整形外科

4. ジェフユナイテッド市原・千葉におけるJones骨折へのアプローチ
秋吉直樹・医療法人社団淳英会おゆみの中央病院リハビリテーション部、ジェフユナイテッド市原・千葉フィジオセラピスト、理学療法士・保健医療学博士

※ブックハウス・エイチディHPよりお求めいただけます。