スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.199(2018年4月号)←詳細&購入はここ!
SQ199.jpg 『特集 皮膚への注目」
──皮膚へのアプローチで何が変わるか
 
1.「『皮膚運動学』と『皮膚テーピング』の反響と今後」
──身体の動きと皮膚の関係の解明
福井 勉・文京学院大学 保健医療技術学部長・教授、理学療法士、
医学博士
       
2.「皮膚の誘導とインソール、テープ、エクササイズで対応」
──軽い皮膚への刺激で評価し、姿勢と身体のバランスを改善する
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)、理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長
 
3.「IASTM(Instrument Assisted Soft Tissue Mobilization)を実践して」
──パーソナルトレーナーとしてのスキンストレッチの活用
中島健太郎・パーソナルトレーナー、修士(スポーツ健康科学)、日本ストレッチング協会 講師、NSCA認定ストレングス&コンディショニング スペシャリスト
 

昨日、祐天寺にある曽我武史トレーナーの治療院で、次号131号の特集「腰痛とストレッチング」をテーマに取材してきました。

腰痛患者さんへの対応を聞いていたのですが、ストレッチングも用いるものの、どちらかというと動きの改善がメインで、筋の張りの感覚など、動きを改善していくうえでの患者さんの感覚をどう伝えるかが興味深いところでした。

鍼も用いるけれど、自分はアスリートをみてきたので、一般の人でも、脈がどうこうというより、姿勢や動き、筋の状態などから判断してアプローチしていくことのほうが多いとのことで、なるほどなと思いました。

こういうアプローチも130号でやった「リコンディショング」だなあと思ったしだいです。(清家輝文)
スポンサーサイト
今日は、これから特集の取材で、トレーナーの曽我武史さんに会いに行きます。祐天寺で、治療院を開いておられます。為末選手のトレーナーでもあり、広くトップアスリートをみておられますね。

私の友人もお世話になっています。元アメリカンフットボールの選手なのですが、今年60歳で、今は「サルサ」に凝っていて、そのサルサを楽しめるようコンディショニングを曽我さんに頼んでいます。「別にどこが悪くなくても月1回くらい行くのがいいみたい」とのこと。

自分のからだをよく知っているトレーナー(鍼灸師)のもとに定期的に通うには予防的にもよいようです。(清家輝文)
130号の特集をまとめているところです。今回は「リコンディショニング」をテーマに下記4人の先生に取材しました。

大隈重信・BIGBEAR
増田雄一・リニアート
山際哲夫・やまぎわ整形外科
吉村直心・ReCo

それぞれの立場からリコンディショングへアプローチされていますが、それについて詳しく紹介します。(清家輝文)
昨日、京都に行き、出町柳駅からすぐのやまぎわ整形外科で山際先生に取材。阪神・淡路大震災のときに入ったという亀裂をみて、京都でもそこまで揺れたかと思いました。

そのあと、西京極のアクアリーナに行き、ReCoの吉村先生に取材。どちらもテーマは「リコンディショニング」ですが、身体的なものも当然ながら、制度やシステムなども変えないといけないという話になりました。

震災後、復旧だけでなく、復興、新たな建設が必要だと痛感します。

今度の特集、ちょっとこれまでとは違うかもしれませんが、楽しみにしていてください。(清家輝文)
次号の特集は「リコンディショニング」がテーマです。1999年、まだ季刊だったころに二度、このリコンディショニングをテーマにしました。

今回は、具体的にリコンディショニングを実践されている人に取材します。施設運営についても聞きます。いろいろな職種の人に聞きます。

仕事としてリコンディショニングを行うのはむずかしい点もありますが、確実にそのニーズは高まっていると思います。これからはリコンディショニングの時代かもしれません。ご期待下さい。(清家輝文)