スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.192(2017年7月号)←詳細&購入はここ!
SQ192.png 特集『特集 陸上短距離
──パフォーマンス向上とケガへの対応
 
1.「ランニング(短距離)による肉離れの疫学・治療・予防」
金子晴香・順天堂大学 整形外科・スポーツ診療科
        
2.「陸上競技選手のケガへの対応とコンディショニング」
伊藤由記子・治療院ミムラ
 
3.「陸上短距離選手のパフォーマンスとケガ」
――指導者としての見方、指導のポイント
苅部俊二・法政大学スポーツ健康学部教授、同大学陸上競技部監督、元400mH 日本記録保持者、日本陸上競技連盟オリンピック強化コーチ

カコミ「肉ばなれの経験」
──ケンブリッジ飛鳥選手(ナイキ)と伊藤由記子先生(治療院ミムラ)にきく

4.「ランニングのパフォーマンス向上と外傷・障害のメカニズムと対応①」
──歩行走行の基礎知識
川野哲英・医療法人昇英会はちすばクリニック

平成29年度 第2回安全義務講習会

日程/7月16日(日)

時間/受付:午前9時30分より
    安全義務講習会:午前10時5分~午後12時5分
    応用講習会:午後1時5分~午後4時20分 

会場/日本体育大学 世田谷キャンパス(東京都世田谷区深沢7-1-1、東急田園都市線『桜新町駅』徒歩15分)

主催/一般社団法人 関東大学バスケットボール連盟

運営/一般社団法人 関東大学バスケットボール連盟 医科学部

内容/
安全義務講習会:「マルファン症候群 頭頸部外傷 熱中症 CPR ファースト・エイド」
  小松孝行(順天堂大学医学部附属練馬病院 救急・集中治療科 助教)
  星川精豪(江戸川大学男子バスケットボール部トレーナー)

応用講習会:「スポーツセーフティー ラグビー現場から」、「Bリーグチームでのコンディショニングサポート」
  吉岡淳平(川崎ブレイブサンダース(B リーグ))
  宮崎智之(キヤノンイーグルス(ラグビートップリーグ))

対象/(一社)関東大学バスケットボール連盟所属大学においてトレーナー活動を行っている者、現場においてトレーナー同等の活動を行っているスタッフ・学生・チーム関係者

参加費/関東大学バスケットボール連盟所属学生 安全義務講習会のみ参加:無料(連盟所属外は500円)
      応用講習会:500円(当日徴収)
      他学連所属学生・専門学校生:1,000円(当日徴収)
      一般:1,500円(当日徴収)
※応急キット代: 500円
(安全義務講習会参加者のみ一律)
※連盟所属の応用講習会参加者は選手・スタッフ証の提示

申し込み方法/『一般社団法人関東大学バスケットボール連盟・第2回安全義務講習会申込みフォーム』から必要事項を記入し申し込む
※HP内で締切りが設けられておりますが、前日まで受付可能

問い合わせ/一般社団法人関東大学バスケットボール連盟

スポンサーサイト
第2回スポ.ラボ&スポーツクラウド合同セミナー
ケガせず強くなるための最新知見と方法
――AT・理学療法士・コーチ・医師の視点から


日程/8月12日(土)

時間/午前の部:午前10時30分~午後1時15分
     午後の部:午後1時30分~午後4時20分
     (受付開始午前10時10分より)

会場/大阪産業創造館 会議室 E(本町駅より徒歩10分)

内容/【午前の部】
「ケガせずパフォーマンスが高い選手の特徴」
  亀山顕太郎(スポラボ代表、理学療法士)

「人工知能を用いた動作分析の試み」
  石井壮郎(スポラボ代表、整形外科医)
 
「アマチュアスポーツで活用するスポーツICT」
  佐藤哲史(株式会社Sports Multiply、アスレティックトレーナー)

【午後の部】
「コーチング現場視点から、パフォーマンス向上と傷害予防の両立を目指した練習計画の設定――走指導を例に」
  荒川優(株式会社スポーツクラウド代表、スプリントコーチ)

「スポーツ傷害予防と身体運動パフォーマンス向上に続く回旋運動――体幹・股関節・足部」
  中尾哲也(関西医療大学 保健医療学部講師、理学療法士、公認アスレティックトレーナー)

「スポーツ現場における運動器エコー評価の可能性」
  疋田佳希(aruck lab 代表、理学療法士、理学療法学 修士/認定 スポーツ-脳卒中)

対象/理学療法士、トレーナー、学生、その他興味のある方

参加費/1日:8,000円、学生7,000円 
      半日:5,000円、学生4,000円

申し込み方法/以下のメールアドレスまたはHP内の「申し込みフォーム」から、「名前」「所属」「連絡先メールアドレス」「職種」「セミナー参加希望時間帯」「セミナーで取り扱って欲しい内容について」をご記入のうえ、申し込む

問い合わせ/スポ.ラボ
E-mail:supo.lab@gmail.com

HOCK WAVE JAPAN 2017
――未来をリードする体外衝撃波治療


日程/10月29日(日)

時間/午前9時30分~午後4時(受付 午前9時より)

会場/虎の門ヒルズフォーラム 4F HallB (東京都渋谷区虎ノ門1-23-3)

主催/日本運動器SHOCK WAVE研究会

代表世話人/熊井司(早稲田大学スポーツ科学学術院 教授)

内容/新しい治療法として確立しつつある整形分野での体外衝撃波治療について、研究会を中心として得られた経験を元に基礎から臨床応用まで学べるセミナー。
ブンデスリーガでの体外衝撃波を使用した治療経験を持つ海外ゲストの講演あり。

対象/医師、コメディカル

定員/先着170名

参加費/医師7,000円、コメディカル4,000円(当日払)

申し込み方法/ご所属・お名前(ふりがな)を記載のうえ、下記。申込専用E-mailアドレスより申し込む

問い合わせ/カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社(担当:佐々木)
E-mail:vmg-shockwave2017@karlstorz.co.jp



脊柱とのつながりから診る「変形性股関節症」
――神経生理で決まるアプローチ


日程/①8月27日(日)
②9月3日(日)
③9月10日(日)
④9月17日(日)
⑤9月24日(日)
⑥10月1日(日)

会場/①静岡県浜松市/長崎県
②千葉県/鹿児島県霧島市
③東京都港区/岡山県
④長野県長野市/熊本県
⑤茨城県/奈良県奈良市
⑥埼玉県/福岡県福岡市
※同日に2会場で開催
※会場の詳細は、HPを参照

時間/すべて午前10時~午後4時(受付:午前9時30分~)

内容/近年、筋膜や内臓をはじめさまざまな “つながり” が指摘されている。脊柱にアプローチをすると、膝の痛みが変化したり、筋肉が緩んだり…。など、なんとなく感じている人も多いのではないでしょうか。しかし、過去のヘルニアを起点とするL5/S1の問題で、股関節の関節包に影響が出ている…など、脊柱と四肢の神経生理学的な “つながり” を理解し、アプローチを選択できている方は少ない。
脊柱と四肢の神経生理学的なつながりを理解すれば、徒手的な検査だけでなく、なぜ「既往歴」や「仕事や生活環境」の情報が必要なのかわかります。
そこで、今回のセミナーでは、5時間かけて脊柱とのつながりから、どのように問診や評価を行い、アプローチを選択していくのか学ぶ

講師/土屋潤二(日本オランダ徒手療法協会・代表理事)
日本オランダ徒手療法士協会認定インストラクター

定員/各会場30名(先着順)

受講料/事前振込5,000円 (当日支払い5,500円)

申し込み方法/お申し込みフォームに必要事項を明記し申し込む。

問い合わせ/日本オランダ徒手療法協会事務局(担当:渕上)
問い合わせフォーム
DMTスクール
ジム集客に有利!
体の歪み発見法と体幹コンディショニング&トレーニング指導実践セミナー


日程/9月10日(日)

時間/午後1時15分~5時10分

会場/ スポーツコンディショニング球武 (大阪市東淀川区井高野3-3-67)

内容/1部「リピーターを増やす!体の歪み発見法から体幹コンディショニング」
     2部「体幹強化のためのトレーニング指導実践法――歩く、走る、階段の昇り降りを考える」

講師/仲辻智則(大阪吉祥寺鍼灸接骨院 院長)、小林素明(株式会社ウェルネス&スマイル代表)

定員/7名(定員になり次第締切)

受講料/事前振込9,720円(税込)、当日支払13,000円(税込)

申し込み方法/Webサイトより申し込む

問い合わせ/株式会社ウェルネス&スマイル(担当:小林)