FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.207(2019年1月号)←詳細&購入はここ!
207表紙-1
『特集 マラソン研究」
──東京2020対策からリカバリーはじめマラソンの科学を探る
 
1.「東京2020のマラソンの科学的対応について」
 杉田正明・日本体育大学教授、日本陸上競技連盟科学委員長

2.「マラソン前後の筋肉の硬さ変化とリカバリーの方策」
 稲見崇孝・慶應義塾大学体育研究所
 
3.「フルマラソン前後で足部の形状はどう変化し、どう回復するか」
 深野真子・芝浦工業大学工学部
 
4.「マラソンで生じる筋ダメージの評価」
──骨格筋画像研究の視点から
 東原綾子・早稲田大学スポーツ科学学術院
 
5.「酸素摂取効率勾配(OUES:Oxygen uptake efficiency slope)という指標について」
──生理学的基礎と臨床への応用
 馬場礼三・中部大学生命健康科学部スポーツ保健医療学科 教授、小児科医


アタックネットのスポーツクリニック一覧に下記のデータをお寄せいただきましたので、本誌ブログでもご紹介させていただきます。データのご提供、ありがとうございました。


万々(まま)クリニック

所在地:〒780-0971 高知市南万々11-4(JR土讃線円行寺口駅より北へ徒歩3分)
TEL:088-820-1177
FAX:088-855-6633

スポーツに関係する診療窓口: 随時受付

対象科目: 外科・整形外科・形成外科

代表者名: 村山良彦(日本体育協会公認スポーツドクター・高知県サッカー協会医事委員・南国高知FCおよびJリーグのチームドクター)

診察曜日: 月~土曜日(水曜日は午後の予約外来のみ・土曜日は午前のみ)

初診受付: 有

担当医師等の数: 医師1名、看護師6名

付帯施設: 診察室、レントゲン室、外傷処置室、小手術室

主な測定、トレーニング機器: レントゲン(デジタル)、体組成測定器、干渉波、超音波治療器、Hi-Vol、立体動態波、骨折治療器など。

特徴: 外科・整形外科・形成外科の<かかりつけ医>として、切り傷、打撲、捻挫、肉離れ、脱臼、骨折、巻き爪、皮膚腫瘤、イボ痔などの治療を行っています。院長がサッカードクターであり、大会では医事活動を、また試合ではベンチ入りすることが多く、スポーツ診療は各年代のサッカー選手が中心。病院と接骨院を足して2で割った雰囲気のクリニックです。

*MRI検査は提携先の病院になりますが、迅速で、放射線科のドクター読影による正確な検査結果に、当院院長の考えも合わせてご説明をしております。
スポンサーサイト
スポーツクリニック一覧に下記のデータをお寄せいただきましたので、掲載します。データ提供、ありがとうございました。また未掲載の医療機関の先生、右欄メールフォームから同じ項目でお送り下さい。弊誌、および同公式ブログ、アタックネットのスポーツクリニック欄に掲載いたします(掲載料不要)。

高田医院 整形外科・内科
所在地:〒532-0023 大阪市淀川区十三東2-9-13
     〈阪急十三駅東口前すぐ〉
TEL:06-6185-7007 
FAX:06-6185-7008
URL:http://www.takada-iin.com/(上記医院名にリンク)
スポーツに関係する診療窓口:スポーツ整形外科
対象科目:整形外科・内科・リハビリテーション科・外科・リウマチ科・ペインクリニック外科
代表者名:高田敬蔵
診察曜日:月~土曜日(水・土曜日は午前のみ)
初診受付:有
担当医師等の数:整形外科専門医常勤1名、理学療法士3名、柔道整復師3名、アスレティックトレーナー1名、その他リハビリスタッフ7名、看護師11名
付帯施設:理学療法施設基準1取得施設
主な測定、トレーニング機器: レントゲンCR、骨密度測定装置、心電図、物理療法機器、、SSP、干渉波、超音波治療器、EMS、赤外線レーザー、ホットパック、アイスパック、ローリングベット、腰椎牽引機(スーパートラック)、頸椎牽引機(スーパートラック)、エアマッサージ、エアロバイク、平行棒、上肢交互運動器械器具、懸垂台、ダンベル、鏡、各種杖、歩行器、バランスボードなど。
特  徴:学生スポーツ選手の応援をしています。医療の固定観念を押し付けるのではなく、患者様一人一人の異なったニーズに細かく対応し、青春を謳歌できるようにサポートしています。
*毎週2回勉強会開催しています。