スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.195(2017年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ195WEB.jpg 『特集 挑戦!」
──5人の専門家、高みと広がりを目指して
 
1.「女性アスリートの問題に取り組む」
──東京大学医学部附属病院開設の
   「女性アスリート外来」
 能瀬さやか・東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科
        
2.「大きな変革期を迎えた日本の野球への提言」
──「野球医学」を提唱し、医師として挑戦し続ける
 馬見塚尚孝・西別府病院スポーツ医学センター 副長、
   野球医学科・肩肘関節外科
 
3.「「自分だからこそ」すべき研究は何なのか」
──信念と行動力、それが挑戦になっていく
 篠原 稔・ジョージア工科大学 准教授
 
4.「医師、理学療法士、管理栄養士、コーチが連携して行う脳梗塞患者の
   SUB4プロジェクト」──専門家が連携、患者さんの夢をサポート
 細野史晃・プロランニングコーチ

5.「現役引退後の選手が目指す新たな道」
──元水泳選手でビジネスマン経験もあり、独立プロコーチとして挑む
 前田康輔・プロスイムコーチ
 
誌面コラボブログ1:触覚ボールによるセルフコンディショニング『ヒザ編』

本誌で連載続編が始まった小谷さおりさんの「誌面コラボブログ」。誌面で紹介したものをさらに詳しく、写真などとともに解説します。本誌とともにご愛読ください。(清家輝文)
 

本誌12月25日発売の117号での連載、『続 膝OAのための「ヒザイタ改善エクササイズ」』に掲載中の『新セッティングエクササイズ』!
誌面ではイラストですが、セルフケアに大人気の触覚ボールを使い、写真で解説していきましょう。

1)痛み、膝音がない角度からスタート。
セッティングst2
足指を広げ触覚を包むようにつかむ →股関節・膝・つま先が蛇行しないよう転がしていく。
 
2)膝が伸びたら踵を押出す →次につま先を押出し戻してくる。
セッティングfin
股関節からでなく丹田から始まるイメージをして行うことがポイント。
足指、足底、踵、足首、膝、股関節と考察するポイントは多々ある種目です。

『自分のからだは自分でメンテナンス』
日本ヒザイタ改善普及会 会長
小谷さおり


スポンサーサイト