FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.205(2018年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ205.jpg
『特集 肩甲骨の動きと働き」
──5つの視点からみる肩甲骨
 
1.「セラピストのための肩甲骨キネマティクス」
──最新の3次元動作解析による研究と臨床応用
 乾 哲也・千里リハビリテーション病院 大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル学 RPT、M.A.(学術修士)

2.「運動過程の違いによる肩甲骨機能の変化」
 楠 貴光・医療法人和松会 六地蔵総合病院リハビリテーション科 RPT、MS(保健医療学)
 
3.「運動課題による肩甲骨周囲筋活動の変化とその特徴」
 井尻朋人・医療法人寿山会 喜馬病院 法人リハビリテーション部 部長 RPT、MS(保健学修士)
 
4.「肩甲骨周囲筋群の筋活動とオーバーヘッドスポーツにおける肩甲骨機能」
 福島秀晃・伏見岡本病院 リハビリテーション科 RPT
 
5.「結帯動作時の肩甲骨運動と筋活動について」
 白井孝尚・医療法人寿山会 喜馬病院 法人リハビリテーション部 RPT
 
6.「座談会:肩甲骨の研究をめぐって」
 参加者:乾 哲也、楠 貴光、井尻朋人、福島秀晃、白井孝尚
  進行:鈴木俊明・関西医療大学大学院 研究副科長 教授
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誌面コラボブログ1:触覚ボールによるセルフコンディショニング『ヒザ編』

本誌で連載続編が始まった小谷さおりさんの「誌面コラボブログ」。誌面で紹介したものをさらに詳しく、写真などとともに解説します。本誌とともにご愛読ください。(清家輝文)
 

本誌12月25日発売の117号での連載、『続 膝OAのための「ヒザイタ改善エクササイズ」』に掲載中の『新セッティングエクササイズ』!
誌面ではイラストですが、セルフケアに大人気の触覚ボールを使い、写真で解説していきましょう。

1)痛み、膝音がない角度からスタート。
セッティングst2
足指を広げ触覚を包むようにつかむ →股関節・膝・つま先が蛇行しないよう転がしていく。
 
2)膝が伸びたら踵を押出す →次につま先を押出し戻してくる。
セッティングfin
股関節からでなく丹田から始まるイメージをして行うことがポイント。
足指、足底、踵、足首、膝、股関節と考察するポイントは多々ある種目です。

『自分のからだは自分でメンテナンス』
日本ヒザイタ改善普及会 会長
小谷さおり


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。