スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.201(2018年6月号)←詳細&購入はここ!
unnamed.jpg
『特集 改めて問うべき疾患 足関節捻挫」
──2つの調査結果とCAIへのアプローチについて
 
1.「足関節のインターハイ大規模調査の結果から考える」
――まだまだわかっていない、理解されていないことが多い現状
 中山修一・公財)日本バスケットボール協会 スポーツ医科学委員、公財)日本オリンピック委員会、強化部医学サポート部門員、JR 東京総合病院 主任医長

2.「足関節捻挫の治療」
――スポーツ現場の実態調査から
 浦辺幸夫・広島大学大学院医歯薬保健学研究院/スポーツリハビリテーション学研究室
 
3.「足関節捻挫と慢性足関節不安定症」
── 異常キネマティクスとその修正方法
  氏家憂也・はちすばクリニック リハビリテーション科
 

サントリーラグビー部「サンゴリアス」に、メディカルスタッフ、理学療法士として長く携わり、本誌特集でも登場していただいた山本和宏先生が、12月1日(水)午前9時、病気のため逝去されました。享年39でした。お通夜、告別式は下記のとおりです。謹んで、ご冥福をお祈りします。(本誌編集部)
             
■日時:通夜 12月2日(木)18時~ 
    告別式 12月3日(金)13時~14時

■場所:吉祥寺 安養寺(あんようじ)
  http://mu-anyoji.tokyobutuji.com/
    〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-21    
    ●JR中央線、京王井の頭線吉祥寺駅 徒歩5分
    【TEL】0422-22-2248
    駐車場の余裕がないため、各自公共機関などをお使い下さい。

■葬儀連絡先:武蔵野葬儀社 電話042-222-2274
       ※供花を申し込む場合にはこちらへ連絡して下さい。

■喪主:山本誠二 様(ご尊父)

スポンサーサイト