スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.197(2018年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ197_20180116165343703.jpg 『特集 肩関節」
──その動きの本質を捉える
 
1.「動作から見た上肢の使い方への提言」
川野哲英
医療法人社団 昇英会はちすばクリニック FTEX インスティテュート代表
       
2.「ウインドミル投法における動作学的特徴と上腕二頭筋長頭腱に加わる負担」
阿部洋太
医療法人社団 昇英会はちすばクリニック リハビリテーション科、理学療法士
 
3.「Push upエクササイズおよびレバーアームの変化が肩関節屈曲運動に及ぼす影響」
──解剖学・運動学・筋電図学的考察
菅谷知明
群馬大学医学部附属病院リハビリテーション科、理学療法士、保健学博士

吉田奈美
医療法人社団 昇英会はちすばクリニックリハビリテーション科、理学療法士、保健学修士、日体協公認アスレティックトレーナー
 

■訂正
166号特集4「筋の硬さ」の3の項目、島典広先生の所属、および東海学園大学の住所の一部に間違いがありました。訂正してお詫びします。

・所属
東海学園大学スポーツ健康科学部スポーツ健康学科→東海学園大学スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科

・大学住所
〒470-0207愛知県みよし市神谷西ノ洞21-233→〒470-0207愛知県みよし市福谷町西ノ洞21-233

以上、訂正します。すみませんでした。(清家)
スポンサーサイト
160号のP.43、田中ウルヴェ京さんの講演で使用された「図1 コーピング・インスティテュートが提唱する自己の実力発揮に必要なコーピングトレーニング5原則」の一番下、哲学的の英語表現が間違っていました。

PIRITUALとあるのはSPIRITUALの誤りです。頭のSが落ちていました。訂正してお詫びします。(清家)
154号の訂正です。

P.46、渡會先生の連載、図5 骨盤輪骨折のメカニズムの図中、左が「前後圧迫」、右が「垂直剪断力」です。図では、両者が逆になっています。

校正ミスです。著者の渡會先生、読者のみなさまにお詫びして訂正します。(清家)
152号の表紙で「スポーツと法」をご執筆いただきました
宮田先生のお名前に誤りがありました。

誤:宮田善晃→ 正:宮田義晃

訂正してお詫び申し上げます。(田口久美子)
148号の座談会で以下を訂正します。次号巻末にも掲載します。申し訳ありませんが修正のほどよろしくお願いします。

P.32 中段、下から11行目:のようなもの ⇒ のような移動様式
      下から8-7行:人で、それで ⇒ ヒトで、地上で
P.33 左段 下から14行目と16行目:日本モンキーパーク ⇒ 日本モンキーセンター
   右段 上から13行目:順応 ⇒ 適応
P.34 左段 下から2行目:長頭・短頭が坐骨結節から ⇒ 長頭と短頭が、それぞれ坐骨結節と大腿骨遠位から
P.36 コラム 左段 2行目: ヒレ -> エラ(鰓)

入稿後いただいた修正で間に合いませんでした。p.36の「ヒレ」が「エラ」は編集部のミスです。すみませんでした。(清家輝文)