スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.193(2017年8月号)←詳細&購入はここ!
MSM193_201708231735445c2.jpg 『特集 運動器超音波がもたらす新しい「診療」
──エコーガイド下の治療、エコーでスタッフ連携
 
1.「第2世代の幕開け! 進化続ける運動器エコー」
──超音波画像診断装置の現在と今後の可能性
 松崎正史・ソニックジャパン株式会社 代表取締役
        
2.「日本から世界へ! 進化続ける運動器エコー」
──若いチカラでJapan originalを創る
 笹原 潤・帝京大学スポーツ医科学センター 同大学医学部整形外科学講座、医療技術部スポーツ医療学科
 
3.「超音波診“断”から超音波診“療”の時代へ」
――──ハイドロリリース、超音波ガイド下手術への挑戦
 宮武和馬・横浜市立大学運動器病態学教室、同大学附属病院整形外科

4.「スポーツ医学の本場Stanford大学での挑戦」
──アメリカでのエコーガイド下治療
 福島八枝子・PM&R Sports Medicine Orthopaedic Surgery, Stanford University

■訂正
166号特集4「筋の硬さ」の3の項目、島典広先生の所属、および東海学園大学の住所の一部に間違いがありました。訂正してお詫びします。

・所属
東海学園大学スポーツ健康科学部スポーツ健康学科→東海学園大学スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科

・大学住所
〒470-0207愛知県みよし市神谷西ノ洞21-233→〒470-0207愛知県みよし市福谷町西ノ洞21-233

以上、訂正します。すみませんでした。(清家)
スポンサーサイト
160号のP.43、田中ウルヴェ京さんの講演で使用された「図1 コーピング・インスティテュートが提唱する自己の実力発揮に必要なコーピングトレーニング5原則」の一番下、哲学的の英語表現が間違っていました。

PIRITUALとあるのはSPIRITUALの誤りです。頭のSが落ちていました。訂正してお詫びします。(清家)
154号の訂正です。

P.46、渡會先生の連載、図5 骨盤輪骨折のメカニズムの図中、左が「前後圧迫」、右が「垂直剪断力」です。図では、両者が逆になっています。

校正ミスです。著者の渡會先生、読者のみなさまにお詫びして訂正します。(清家)
152号の表紙で「スポーツと法」をご執筆いただきました
宮田先生のお名前に誤りがありました。

誤:宮田善晃→ 正:宮田義晃

訂正してお詫び申し上げます。(田口久美子)
148号の座談会で以下を訂正します。次号巻末にも掲載します。申し訳ありませんが修正のほどよろしくお願いします。

P.32 中段、下から11行目:のようなもの ⇒ のような移動様式
      下から8-7行:人で、それで ⇒ ヒトで、地上で
P.33 左段 下から14行目と16行目:日本モンキーパーク ⇒ 日本モンキーセンター
   右段 上から13行目:順応 ⇒ 適応
P.34 左段 下から2行目:長頭・短頭が坐骨結節から ⇒ 長頭と短頭が、それぞれ坐骨結節と大腿骨遠位から
P.36 コラム 左段 2行目: ヒレ -> エラ(鰓)

入稿後いただいた修正で間に合いませんでした。p.36の「ヒレ」が「エラ」は編集部のミスです。すみませんでした。(清家輝文)