FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

KSM2008大八木
写真は、2月24日、神戸のジーベックホールで開催された“KOBE SPORTS MEETING 2008”(主催:NPO法人神戸アスリートタウンクラブ、後援:神戸市、神戸市教育委員会、(財)神戸市体育協会)での基調講演、大八木淳史氏(撮影/田上亜紀子)。

大八木さんとは、現役のときに一度知り合いの家ですき焼きを食べ、引退後は講演のときに、そして今回と3回目。控え室で昼食をとりながら、パネリストとともにいろいろお話させていただいた。

講演は、大八木さんらしくユーモアたっぷりだったが、現在GMとして指導にあたっている高知県の高校のラグビー部の話は、考えさせるところが多かった。よくみたら、あいさつもできていなかったと気がつき、指導の仕方も変わったようだ。「間違っていた」と気がついたら、すぐに改める。それがアスリートのよさであろう。

大八木さんの話を聞いていると、現在取り組んでいる「アスリートのためのライフスキルプログラム」づくりと重なってくる。どこかでまた一緒に仕事ができればと思う。

この日は、スポーツとビジネスとの関係についてパネルディスカッションも行った。これについては、次号99号で紹介させていただく予定です。(清家)
スポンサーサイト