FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.208(2019年2・3合併号)←詳細&購入はここ!
SQ208.png
『特集 ファーストエイドの疑問と課題」
── RICE処置と創傷処置
 
1.「RICE処置の疑問と課題」
── 捻挫処置における冷却の是非
 笠原政志・国際武道大学体育学部/大学院 准教授、NPO法人コンディショニング科学研究所

2.「創傷に対するファーストエイド」
 田中秀治・国士舘大学大学院救急システム研究科 教授
 
3.「アメリカ、ヨーロッパではどうなのか」
── 野球(MLB)とサッカーの例から
・RICEと創傷処置について
── オーバートレーニング?それともアンダーリカバリー?
   阿部正道・MLB ミネソタツインズアシスタントトレーナー

・急性外傷への対処における問題のみかた
── アイシング云々ではなく、何をどうみるか
 土屋潤二・日本オランダ徒手療法協会 代表理事
 

今日は、日本トレーニング科学会主催の「第63回トレーニングカンファレンス」。東大駒場キャンパスコミュニケーションプラザ3F身体運動実習室で、午後3時から。テーマは「野球と心臓震盪~考えようボールの捕り方~」。無料です。誰でも参加できます。

発表者は、輿水健治先生(埼玉医科大学)、高野橋雅之先生(武蔵中学野球部)、伊藤博一先生(東京大学)。

事故が起きてからでは遅い。合理的で安全性が高いというスポーツ医学が目指す方向で、このカンファレンスを見てこようと思う。内容については、99号で報告しますが、このブログでもレポートします。(清家)
スポンサーサイト