FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.207(2019年1月号)←詳細&購入はここ!
207表紙-1
『特集 マラソン研究」
──東京2020対策からリカバリーはじめマラソンの科学を探る
 
1.「東京2020のマラソンの科学的対応について」
 杉田正明・日本体育大学教授、日本陸上競技連盟科学委員長

2.「マラソン前後の筋肉の硬さ変化とリカバリーの方策」
 稲見崇孝・慶應義塾大学体育研究所
 
3.「フルマラソン前後で足部の形状はどう変化し、どう回復するか」
 深野真子・芝浦工業大学工学部
 
4.「マラソンで生じる筋ダメージの評価」
──骨格筋画像研究の視点から
 東原綾子・早稲田大学スポーツ科学学術院
 
5.「酸素摂取効率勾配(OUES:Oxygen uptake efficiency slope)という指標について」
──生理学的基礎と臨床への応用
 馬場礼三・中部大学生命健康科学部スポーツ保健医療学科 教授、小児科医


松井さんの記事をアップしたら、ちょうどその松井さんと仕事をしている人からメール。ブログをみて、偶然とはいえびっくりしたとか。

ま、世の中、そういうもんですね。世界中の人に6人を介せばつながるという説があり、それは数学的に証明されているとかで、そう考えると、スポーツとか、スポーツ医学とか、特定の分野になると、必ず誰かにつながりがあることになる。

だから、世界は面白いし、誰をも大事にしなければいけないということになる。

取材していても、どこかで誰かに会っても、「なら、この人知ってる?」となり、「知ってる。毎日見ている」とか「上司です」とか「先輩です」「後輩です」ということは本当に多い。

こうして、「評判」や「ウワサ」は一瀉千里となる。インターネットが発達したいま一瀉万万里ということか。(清家)
スポンサーサイト
今、99号の編集でしゃかりき段階。この公式ブログも正式オープンからまだ1週間もたっていないが、日々アクセスは増えてきました。

ヤフーでもグーグルでも検索で出るようになり、あとは毎日どんどん更新するばかり。また、新企画も登場させ、スピードがあって、ダイナミックなブログにしたいと考えています。

どんどんご感想なりご意見なり、ご注文なりお寄せください。右欄のメールからでもけっこうですし、それぞれの記事に対しては「コメント」機能を使っていただいてもけっこうです。「コメント」は、公開せず、編集部だけに届ける「秘密」機能もあります。

まだ使っていない機能もたくさんありますので、マスターしたら、記事に反映させていくことにしましょう。役立てていただけるブログをめざして頑張りますので、よろしくお願いします。

編集部の電話は、03-3372-6251でつながります。(清家)
WiiFitの開発に関わられたパーソナルトレーナーの松井薫さん(ウェルネスガーディアンズ)に会ってきました。

野球と柔道をやってこられて、腰や肩を傷めてから、体育学部で本格的に学び、ケアとトレーニングを結ぶパーソナルトレーナーの道を歩むことになったという。

その後、2つの体重計を使って、からだのアンバランスを骨格からみることをはじめ、それをホームページで任天堂の人がみて、そこからWiiFitの開発が始まった。

詳しくは、次号99号のインタビューページで紹介するが、大ヒットとなった製品だけに、そのお話は面白かった。

これからは、パーソナルトレーナーやアスレティックトレーナー、スポーツドクターなどが、こうした製品開発にどんどん関わるのではないだろうか。楽しみである。(清家)
今日は午後からWiiFitの開発に関わった人に取材します。どういうお話が聞けるか、楽しみです。また帰ってきたら簡単に報告します。

次号、99号の特集は「変形性股関節症の運動療法」がテーマです。若いときに部活などで運動をしていた人は、やはり有利にはたらくそうです。やめて、筋力が落ちてくると痛みが生じる。痛みと筋力の関係はかなりはっきりしているそうです。昔は、運動するとよくないとされていたとか。やはり人も生き物ですから、動いたほうがよい。動いてこそということでしょう。

昔運動していて、今はさっぱりという人、始めるのに遅いということはありません。(これは自分にも言っていることです・笑)

では、またのちほど。(清家)