FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今月号の掲載で、第12回目を迎える連載『動きへのはたらきかけ』。
ただ今、編集作業真っ只中です。

今回のテーマは『身体の軸を意識する』です。

この連載は、2003年に発足した日本ボディポテンシャル協会の、
主宰である橋本維知子先生によるものです。
協会では、人間の身体が本来持っている動きの可能性を引き出すトレーニングとして
「ボディポテンシャルトレーニング」を推進しています。

初めて橋本先生とお会いしたのは、本誌のOR.NOTEという、さまざまな団体や協会などを
紹介していく頁で取材させていただいたときでした。
橋本先生のお話をうかがうなかで、
たしかに指導者は、「肘を伸ばせ」とか「腰をひねろ」など、選手に指導をしますが、
言われた選手も、ときには言った指導者も、肘を伸ばすということはどういうことなのか、
腰をひねるということは、自分の身体をどう動かせばいいのか、など
実際には十分に理解されないまま動かし、間違った身体の使い方を
指導していることがあるのではないかと思ったことがきっかけでした。

どの競技でも、選手を指導する立場になったときに、
その動きをどう伝えるのか、効率的な動きを伝えるために、身体をどう動かせばいいのかなど、
動きの連動を理解すれば、より、効率のよいフォームや動きができ、
スポーツ障害も少なくなってくるのではないかと思うのです。
さらに自分の身体も、自分が思うように動かせないと見本も示せませんですから……。

今回は「身体の軸」です。
軸がブレている・・・などとよく使いますが、まず自分の身体の中心を意識することから
紹介しています。
是非、実際に試して、実感してみて下さい。
(田口)
スポンサーサイト
今日は、午前中、国立スポーツ科学センター(JISS)で、ある競技団体の冊子づくりで会議。月刊誌のほかにも、こうした仕事もしています。

写真は、左のグレーの建物がJISSで、右がナショナルトレーニングセンター(NTC)。石垣の左には西が丘サッカー場があります。金網の右には8面のテニスコート。ここのところ、何度も通っている感じです。両方とも大きな施設ですが、NTCのほうがJISSよりさらに大きい。驚くべき施設です。宿泊棟もあり、部屋を見せていただきましたが、ビジネスホテルより上かもしれません。

また天井まで12mもある競技別大体育館がいくつもあります。NTCは体育館の集合体のようなものでもあるのです。これで3階建てと言えばわかるかと。
P1000059.jpg
今のアスリートは恵まれています。さて、北京はどうなるか?(清家