FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.207(2019年1月号)←詳細&購入はここ!
207表紙-1
『特集 マラソン研究」
──東京2020対策からリカバリーはじめマラソンの科学を探る
 
1.「東京2020のマラソンの科学的対応について」
 杉田正明・日本体育大学教授、日本陸上競技連盟科学委員長

2.「マラソン前後の筋肉の硬さ変化とリカバリーの方策」
 稲見崇孝・慶應義塾大学体育研究所
 
3.「フルマラソン前後で足部の形状はどう変化し、どう回復するか」
 深野真子・芝浦工業大学工学部
 
4.「マラソンで生じる筋ダメージの評価」
──骨格筋画像研究の視点から
 東原綾子・早稲田大学スポーツ科学学術院
 
5.「酸素摂取効率勾配(OUES:Oxygen uptake efficiency slope)という指標について」
──生理学的基礎と臨床への応用
 馬場礼三・中部大学生命健康科学部スポーツ保健医療学科 教授、小児科医


とうとう締切まで残り3日を切りました。

月刊スポーツメディスン編集部では、毎月各先生方から送られてくる、超専門的なスポーツ医科学の原稿の一語一語に目を通しチェックしていきます。それだけではなく、自分で取材した原稿を記事にして、それをまた校正していきます。ですから常に書いてはチェック、チェック、チェックなのです。

公式ブログ写真

写真は私の机の上。先ほどまで自分が担当する先生方の原稿をチェックしていました。因みにブログ用に整理したのではなく、普段からこの状態をキープしています。どうしても原稿などの紙が増えてくると、「あれ、どこだっけ」ということになりがちですよね。普段から整理整頓を心がけ、頭の中も整理されていれば、からだも効率的に動いてくれると思います。

挨拶が遅れました。編集部の三橋智広・(入社1年目25歳)です。これからも小誌を通して、スポーツ医学の現場に少しでも貢献していきたいと思いますので、何卒よろしくお願い致します。

しかし胃が痛い




スポンサーサイト
編集部にはいろいろなものが送られてきます。
いろいろと言ったって、現金は送られてきません。 (-_-;)
一番多いのが、新商品の案内です。
自分で調べたりして、情報を探すことも多いですが、
こうやってリリースを送ってもらって情報を得ることも多いんです。
アディダス今日届いたのは、adidasさんからの「アディダス プレミアムスタイル」の商品カタログ。とても商品カタログとは思えないリリースです。まるで写真集をみているかのよう。
メーカーによって、リリースのつくり方はさまざまで、おどろくような工夫がされているものもあれば、ちょっとやりすぎ (^_^;) って思うものまで無きにしも非ずですが、「おっ!」と言わせる工夫は勉強になります。
ちなみにモデルさんの胸から腰にかけての白いラインは、ポータブルミュージックプレイヤーのコードです。運動しても、邪魔にならないようにポータブルミュージックプレイヤー用のポケットとイヤホンループがシャツに取り付けられています。スポーツウェアもずいぶんおしゃれになりました。
(田口)
今日は、カラーページの入稿日。カラーのほうが時間がかかるので、先に入稿となります。印刷では、このようにカラーとモノクロなど工程が異なると、入稿日がずれることがあります。

それはそれで、編集者にとっては厄介な問題も生じます。まだ本文が完全にフィックスできていないときに、表紙を入れなくてはならないからです。月刊スポーツメディスンは表紙が目次にもなっているので、この時間差はちょっときびしいことがあるわけです。

ま、しかし、なんとかするのが仕事。表紙ができたら、あとで見ていただくことにしましょう。(清家)