FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今朝、無事入稿しました。

ファックス騒ぎが響き、終電が終わり、結局朝まで社にいて、早朝帰宅。ま、朝まで仕事をしていたわけではないので、まだマシです。

雑誌の編集・入稿というのは得てしてこうなりがちなのですが、少しは学習して、最近は余裕をもって進められるようにはしています。

というのは、別の仕事も入るので、緊急事態が生じても対応できるようにということ、また時間がないところで進めると、どうしてもミスが増えるからです。

早め早めのなんとか。

というわけで、特集「股関節を守る-変形性股関節症の運動療法への取り組み」が完成しました。廣橋賢次先生・森ノ宮医療大学学長には、たいへんお世話になりました。御礼申し上げます。

99号は、今月25日発売になります。そのころまた詳しく書くことにしましょう。(清家)
スポンサーサイト



連日の嵐のような編集作業を経て、今朝ようやく入稿。

私は担当箇所を終え、昨日は終電ギリギリで帰宅することができた。

他のスタッフは今朝の5:00~6:00まで残り、それから帰宅。

まだ会社に来てない人もいる。

私は他の仕事があるので、それを終わらせてから今日はゆっくりしたいと思います。

今月発売されるスポーツメディスンは、なんと99号

ということは来月は100号記念

スポーツ医学雑誌として、月刊スポーツメディスンがここまで活動をつづけてこられたのも、

皆様の温かい応援あってこそです。

今後も何卒よろしくお願い致します。(三橋)