FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.204(2018年9・10合併号)←詳細&購入はここ!
204表紙
『特集 パフォーマンス向上と障害予防」
──コーチングと医学をつなぐもの。野球を例に
 
1.「遠くに飛ばすバッティングが障害予防にもつながる」
 宮川昭正・明治大学卒、元広島工業高校監督、BSH株式会社

2.「野球選手の腰部障害に取り組んで」
──腰椎分離症と黄色靭帯骨化症について
 加藤欽志・福島県立医科大学医学部整形外科学講座 助教
 
3.「パフォーマンス向上と障害予防の両立」
──野球の現場と医療現場に身をおいて考えること
 馬見塚尚孝・独立行政法人 国立病院機構 西別府病院 スポーツ医学センター副長、
        野球医学科


今朝、無事入稿しました。

ファックス騒ぎが響き、終電が終わり、結局朝まで社にいて、早朝帰宅。ま、朝まで仕事をしていたわけではないので、まだマシです。

雑誌の編集・入稿というのは得てしてこうなりがちなのですが、少しは学習して、最近は余裕をもって進められるようにはしています。

というのは、別の仕事も入るので、緊急事態が生じても対応できるようにということ、また時間がないところで進めると、どうしてもミスが増えるからです。

早め早めのなんとか。

というわけで、特集「股関節を守る-変形性股関節症の運動療法への取り組み」が完成しました。廣橋賢次先生・森ノ宮医療大学学長には、たいへんお世話になりました。御礼申し上げます。

99号は、今月25日発売になります。そのころまた詳しく書くことにしましょう。(清家)
スポンサーサイト
連日の嵐のような編集作業を経て、今朝ようやく入稿。

私は担当箇所を終え、昨日は終電ギリギリで帰宅することができた。

他のスタッフは今朝の5:00~6:00まで残り、それから帰宅。

まだ会社に来てない人もいる。

私は他の仕事があるので、それを終わらせてから今日はゆっくりしたいと思います。

今月発売されるスポーツメディスンは、なんと99号

ということは来月は100号記念

スポーツ医学雑誌として、月刊スポーツメディスンがここまで活動をつづけてこられたのも、

皆様の温かい応援あってこそです。

今後も何卒よろしくお願い致します。(三橋)