FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今日は、入稿したものが印刷前レベルで一度出力され、それを確認して終わり。昔は青焼きと言って青い校正紙でしたが、データ入稿するようなると、黒焼きと言って、モノクロで出ます。印刷の工程も変わりました。しかし、最後にここでもう一度修正が可能であるということは編集者にとってはありがたいことです。けっこうミスは発見されるものですから。

さて、一夜明けて、きょうは春らしい一日。清々しいですね。ちょっと花粉が難ですが…。

卒業式、入学式と、若い人には思い出や不安や希望などがたくさん押し寄せる季節ですが、社会人にとっても、いろいろなことが改まるときです。転勤、転職などの異動もあるし、新入社員も入ってくるでしょうし。

私はと言えば、なんだか今日から新しい日々が始まるような、そんなふうに感じる日です。次の号は100号なので、特別企画も用意します。ほかの仕事もたくさんありますが、楽しくやっていきたいものです。
P1000006.jpg

写真は、今朝撮影した「春の黄色」です。(清家
スポンサーサイト