FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.204(2018年9・10合併号)←詳細&購入はここ!
204表紙
『特集 パフォーマンス向上と障害予防」
──コーチングと医学をつなぐもの。野球を例に
 
1.「遠くに飛ばすバッティングが障害予防にもつながる」
 宮川昭正・明治大学卒、元広島工業高校監督、BSH株式会社

2.「野球選手の腰部障害に取り組んで」
──腰椎分離症と黄色靭帯骨化症について
 加藤欽志・福島県立医科大学医学部整形外科学講座 助教
 
3.「パフォーマンス向上と障害予防の両立」
──野球の現場と医療現場に身をおいて考えること
 馬見塚尚孝・独立行政法人 国立病院機構 西別府病院 スポーツ医学センター副長、
        野球医学科


今日は、入稿したものが印刷前レベルで一度出力され、それを確認して終わり。昔は青焼きと言って青い校正紙でしたが、データ入稿するようなると、黒焼きと言って、モノクロで出ます。印刷の工程も変わりました。しかし、最後にここでもう一度修正が可能であるということは編集者にとってはありがたいことです。けっこうミスは発見されるものですから。

さて、一夜明けて、きょうは春らしい一日。清々しいですね。ちょっと花粉が難ですが…。

卒業式、入学式と、若い人には思い出や不安や希望などがたくさん押し寄せる季節ですが、社会人にとっても、いろいろなことが改まるときです。転勤、転職などの異動もあるし、新入社員も入ってくるでしょうし。

私はと言えば、なんだか今日から新しい日々が始まるような、そんなふうに感じる日です。次の号は100号なので、特別企画も用意します。ほかの仕事もたくさんありますが、楽しくやっていきたいものです。
P1000006.jpg

写真は、今朝撮影した「春の黄色」です。(清家
スポンサーサイト