FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.204(2018年9・10合併号)←詳細&購入はここ!
204表紙
『特集 パフォーマンス向上と障害予防」
──コーチングと医学をつなぐもの。野球を例に
 
1.「遠くに飛ばすバッティングが障害予防にもつながる」
 宮川昭正・明治大学卒、元広島工業高校監督、BSH株式会社

2.「野球選手の腰部障害に取り組んで」
──腰椎分離症と黄色靭帯骨化症について
 加藤欽志・福島県立医科大学医学部整形外科学講座 助教
 
3.「パフォーマンス向上と障害予防の両立」
──野球の現場と医療現場に身をおいて考えること
 馬見塚尚孝・独立行政法人 国立病院機構 西別府病院 スポーツ医学センター副長、
        野球医学科


先日、京成八幡駅に程近いところにある、㈱ウェルレックスに行ってきました。ceo.gif
社長の黒岡輝明氏(写真、同社のHPより)は、コンビ(株)在職中、ベビー用品営業本部長、ウェルネス事業部長、取締役を歴任し、1984年、国産初のコンピュータシステムである、みなさんもお馴染みの『エアロバイク』の開発・販売に携わってこられた方です。
2001年、コンビ(株)の100%子会社コンビウェルネス代表取締役社長に就任し、その後2006年(株)ウェルレックスを設立されました。
今回、ご紹介いただいたのは、ノルウェー製の「レッドコード スポーツ」という商品です。
コアトレーニング機器として、海外のスポーツ選手も使っている商品です。
この商品の特長はコアトレーニングが3次元的にトレーニングできることが、最大の魅力だと、私は思います。
詳しくは本誌でも紹介する予定ですので、お楽しみに! 
(田口久美子)
スポンサーサイト
今日は、ある競技団体のトレーニングに関する小冊子の編集。日常、いろいろな方と接するが、その関係で、スポーツ医学やスポーツ科学、トレーニング、コンディショニングなどの冊子、本、DVDといったものの編集や制作を依頼されることが多い。

制作会議では、先方の意向に沿って、それならこういう方法がよいのではという提案もさせていただく。目的、対象など、重要な要素があるが、できるだけその目的が対象となる人に届くよう考える。それが編集ということなのだろうが、こうしたアイデアを練る段階が一番面白いかもしれない。その段階では、いわばいろいろな可能性があり、モノを作っていくうえで、非常にダイナミックな時間。自然と面白くなる。

これまで映像として、ビデオ4本の制作に関わったが、映像はまた本や雑誌と異なり、別種の面白さと難しさがある。でも、映像も好きである。

東京都心などもう桜が咲いたというニュースが入っているが、明日の日曜からしばらくはお花見日和。みなさん、楽しんでくださいね。(清家輝文、個人ブログで今にも咲きそうな桜の蕾を掲載しました)。