FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.204(2018年9・10合併号)←詳細&購入はここ!
204表紙
『特集 パフォーマンス向上と障害予防」
──コーチングと医学をつなぐもの。野球を例に
 
1.「遠くに飛ばすバッティングが障害予防にもつながる」
 宮川昭正・明治大学卒、元広島工業高校監督、BSH株式会社

2.「野球選手の腰部障害に取り組んで」
──腰椎分離症と黄色靭帯骨化症について
 加藤欽志・福島県立医科大学医学部整形外科学講座 助教
 
3.「パフォーマンス向上と障害予防の両立」
──野球の現場と医療現場に身をおいて考えること
 馬見塚尚孝・独立行政法人 国立病院機構 西別府病院 スポーツ医学センター副長、
        野球医学科


月刊スポーツメディスン99号(4月号)は、いよいよ明日発売です。

特集は、「股関節を守る-変形性股関節症の運動療法への取り組み」と題し、廣橋賢次先生に長時間インタビューした内容を掲げます。詳細な目次は、明日アタックネットに掲載の予定です。

そろそろ次号の準備も進めています。次号、100号では、各企業の方にご協力いただき、プレゼント賞品をたくさん用意したいと考えています。ご期待ください。100号の特集は、今調整中。決まり次第、お知らせします。(清家)
スポンサーサイト