FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.204(2018年9・10合併号)←詳細&購入はここ!
204表紙
『特集 パフォーマンス向上と障害予防」
──コーチングと医学をつなぐもの。野球を例に
 
1.「遠くに飛ばすバッティングが障害予防にもつながる」
 宮川昭正・明治大学卒、元広島工業高校監督、BSH株式会社

2.「野球選手の腰部障害に取り組んで」
──腰椎分離症と黄色靭帯骨化症について
 加藤欽志・福島県立医科大学医学部整形外科学講座 助教
 
3.「パフォーマンス向上と障害予防の両立」
──野球の現場と医療現場に身をおいて考えること
 馬見塚尚孝・独立行政法人 国立病院機構 西別府病院 スポーツ医学センター副長、
        野球医学科


現在発売中の99号特集で誤りが発見されましたので、訂正し、お詫びします。

①p.9「臼蓋形成不全」の項、6行目
「臼蓋形成不全があったどうか」⇒「臼蓋形成不全があったどうか」

②上記の箇所から5行下
「著明に発育すると」⇒「質的に発育すると」

③p.16図11「変形性股関節症の治療方針」
右側の矢印が下を向いていますが、両方とも上を向くのが正しい。正しい図を以下に掲げます。(清家)
特集3-f11
スポンサーサイト