FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.207(2019年1月号)←詳細&購入はここ!
207表紙-1
『特集 マラソン研究」
──東京2020対策からリカバリーはじめマラソンの科学を探る
 
1.「東京2020のマラソンの科学的対応について」
 杉田正明・日本体育大学教授、日本陸上競技連盟科学委員長

2.「マラソン前後の筋肉の硬さ変化とリカバリーの方策」
 稲見崇孝・慶應義塾大学体育研究所
 
3.「フルマラソン前後で足部の形状はどう変化し、どう回復するか」
 深野真子・芝浦工業大学工学部
 
4.「マラソンで生じる筋ダメージの評価」
──骨格筋画像研究の視点から
 東原綾子・早稲田大学スポーツ科学学術院
 
5.「酸素摂取効率勾配(OUES:Oxygen uptake efficiency slope)という指標について」
──生理学的基礎と臨床への応用
 馬場礼三・中部大学生命健康科学部スポーツ保健医療学科 教授、小児科医


burogu.jpg

昨日は国立スポーツ科学センター・JISS(東京都北区)へ日本陸連主催によるトレーナーセミナーの取材に行ってまいりました。

17回目となる今年は定員100名を超える約180の募集があり、僕が会場に駆けつけたときには席がすでに一杯に埋まっていました(凄い!)。

セミナーは今日(土)、明日(日)も行われる予定です。

さて、このトレーナーセミナーの主旨は以下

・陸上競技における選手のサポート体制の確立
・トレーナーの意識、知識、技術の向上
・トレーナーの地位確立

とあり、“医師、医療機関との連携、メディカルスタッフの一員としてトレーナーの位置付けを確立し、トレーナー活動およびその業務の理解、普及に努めること”とのこと。

こうしたトレーナーの育成や交流に、連盟が中心となって行っていくのはとても良いことだと改めて納得。他の競技でもこういうネットワークがどんどんできてくると選手も安心して競技に参加できますよね。
(三橋智広)

日本陸上競技連盟
スポンサーサイト