FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨年の11月に㈱メッカが、㈱プレシジョンジャパンと合併し、㈱プロアバンセとして
スタートしました。
所在地も五反田へ移転となり、先日、㈱プロアバンセを訪問してきました。
社名は変わっても、CYBEXなどのトレーニングマシンなど従来どおり取り扱っているので、興味のある方はHPにアクセスしてください。

そこで、担当の磯野氏に、最近の売れ筋商品について伺うと、写真のマウスガードが非常に売れているとのことです。
マウスガードは、いろいろな競技で使われるようになりましたが、話によるとFIFAでアディダス社が、サッカーの試合中のマウスガードの着用を提案したとか。

今春には、このマウスガードにも、カラフルなカラーが登場するそうですよ。(田口久美子)

マウスガード
スポンサーサイト
いよいよ4月から実施される特定保健指導ですが、

電車に乗っていてもそんなことはおかまい無しの人は当然います。

成果が無ければペナルティもあるということですが、“ちょっとなぁ”と。

個人的にメタボリックの人たちや、指導する人たちをかばいたくもなります。

僕はお酒を飲まないので、禁酒は苦ではありませんし、むしろ歓迎です。

当然ストレスも、お酒に頼ることなく他のもので解消できています。

ですが周りを見ると、ストレスが溜まれば、お酒という人たちは多いですよね。

ただ好きだから飲む、だけではなく他にも飲みたくなる理由もあると思います。

しかし飲むということは、揚げ物、魚、などのつまみも欲しくなる。

あぁ、体重は増える一方。

実際に運動をする時間なんて、多くの人はありませんし、短い時間にどんな運動を?

というのが正直なところだと思います。

そこで僕が紹介するのは機能改善エクササイズ・フェルデンクライスメソッド。

小誌で連載しているフェルデンクライスメソッドは、フランク・ワイルドマン博士に

よって考案されたもので、運動する時間がない人に向けたエクササイズ。

ゆっくりとした動きの中で、リラックス効果や、筋緊張をほぐす作用があるなど、

ストレス解消や運動不足にも良いでしょう。

どうしてもダイエットというと、最初からランニングやワォ―キングで時間を

割かないと、という人たちが多いですが、関節への負担も少ないので始めやすいです。

またゆっくりした動作によって、自分のからだに気づくようになり、飲食にも

気を遣うようになっていくのではないでしょうか。

これから人々の健康はますます重要になってきます。

運動のきっかけづくりにも、是非参考にしてみてください。

因に僕が体重をコントロールするために工夫しているのは、体重計に4回乗ることです。

そうやって自分のからだを客観視しています。(三橋智広)