FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


昨日、築地で第34回日本整形外科スポーツ医学会の準備のための会議。印刷物制作に関係し、参加しているが、会長が武藤芳照先生で、いつも和やかに進む。

会期は7月の4~5日で、会場は都市センターホテル。詳しくは上記にリンクしたHPを参照していただきたい。

この会のメインテーマは「スポーツ外傷・障害のメカニズムと予防」で、標語が「SWIM Congress」。これは、Scientific:学術的で、Warm:温かで、Interesting:面白く、Memorable:心に残るという意味。

もちろん、武藤先生が長く水泳に関わってこられたこととも関係している。武藤先生の最初の著書『水泳の医学』の編集を担当させていただいたが、それ以来のおつきあいになる。

医学の学会は、どちらかというと形式があり、堅苦しさもあるが、この会は会長の意向で「スポーツ医学」なので、ネクタイなし、フランクな雰囲気になる。これも珍しいのではないか。

懇親会もあるが、挨拶なしで、本当に懇親のみ。これも珍しいだろう。その懇親会も「SWIM パーティ」と呼ばれることになりそう。

学会の雰囲気も時代とともに変わっていく。学会だから、アカデミックであることは当然だが、ユーモアや温かさがあるふれることは決してアカデミズムと反さないだろう。(清家輝文)
スポンサーサイト