FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


皆さんリメディアルセラピーってご存知ですか?

昨日はその詳細について話を聞くため、このセラピーの認定資格を与えている日本リメディアルセラピー協会へ取材に行ってきました。

簡単にこのセラピーを紹介すると、豪州を発祥とし、自己治癒力を目的とする手技療法で、本国ではスポーツの現場でも多く活用されているツールなんだそうです。

豪州ではスポーツリメディアルという言葉はないようですが、日本では改めてスポーツリメディアルと謳って広めていきたいとのことです。その理由を森岡 望氏・同協会代表は、一般的なリメディアルと、スポーツ現場で活用されるリメディアルは、それぞれ若干アプローチが異なるために、わかりやすくするため、とのこと。今後は東京体育専門学校でも、スポーツの特色を充実させた講義が行われるようです。

詳細については100号で紹介させていただきます。(三橋智広)


写真・リメディアルセラピー協会のセミナーで使われている 骨の模型
骨2
スポンサーサイト



 1979年10月の「トレーニング・ジャーナル」創刊は、それ以前に、野球、ラグビー、アメリカンフットボール、相撲、バスケットボール、アイスホッケー、サッカーなどなど、いろいろな競技の取材を行ってきた結果、日本では「トレーニング」を考えるという視点が希薄であることに気がつき、そこに焦点を当てた雑誌が可能ではないかというところから始まった。

 そういうニッチな分野であれば、大手出版社も参入しないだろうという考えもあった。トレーニングは、単にやればよいというものではない。測定も評価も必要だし、第一、何故それをするのか、その目的が明確でないと、単にこなしているだけになってしまう。

 しかし、そういう「トレーニング」も少なくなかった。数が決められ、その数を達成するのが「目的」になる。こうした「トレーニング」も実は効果がある。しかし、そればかりでは向上に時間がかかる。
 そこにトレーニング科学という分野の果たす役割がある。また、身体にとって合理的でないとケガもする。そこにはスポーツ医学の知識や技術が必要になる。

 したがって、科学や医学という世界で、しかもスポーツ選手に対してそれを研究・実践してこられた人に取材したり、お話を聞くことになった。

 とはいえ、最初の頃は、ほとんど何も知らないようなものである。その分野の第一人者と言われる先生がたにお会いし、こういう雑誌を出したいのだけれど、お力をお貸しいただきたいとお願いに行った。
 それが現在も「編集顧問」として名を連ねていただいている先生で、もちろんそのほかにも多くの先生に助けていただいた。

 初めのころは意図的にアメリカの写真を多用した。幸いそれまでアメリカでの取材が多く、写真はたくさんあった。

 創刊号の特集は、「トレーニングを考えなおす」、直球のタイトルである。2号目は「日米トレーニング比較」。ちょっと大袈裟なタイトル。3号目は「トレーニング・マシン研究」。このころ、多くのトレーニングマシン(主に筋力トレーニングマシン)が日本に入ってきて、賑やかな時代だった。

 そして、創刊号から「アスレティック・リハビリテーション」というリレー形式の連載が始まる。当時、関東労災病院にいらっしゃった中嶋寛之先生(現・横浜市スポーツ医科学センター長)を中心に、錚々たる顔ぶれの先生(整形外科医)に執筆していただいた。この先生がたと何度もお会いし、学会にも取材で参加し、スポーツ整形外科の盛り上がりを感じていた。

 また、当時、東大教授であった宮下充正先生を中心に「トレーニングの科学的基礎」という連載もスタート。この連載で、多数のスポーツ科学者と知り合うことになる。最初はB5判64ページ、中綴じだった。

 スポーツ医学では、80年9月号から武藤芳照先生(当時、東京厚生年金病院、現・東大大学院教授)の「水泳の医学」と言う連載が始まり、これは後に同名の単行本になる。

 そして、81年8月号から川野哲英先生の「アスレティック・リハビリテーションの考え方と実際」という長期連載が始まる。川野先生は、当時日本体育協会スポーツ診療所(現在は閉鎖)に勤務されていた(現・はちすばクリニックFTEX代表)。

 こうして、整形外科医や理学療法士、トレーナーという人たちとのおつきあいがどんどん広がっていく。そこにはみな共通した思いがあった。(続く)(清家輝文)