FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


昨日、外傷予防のプログラムをテーマに、福林徹先生(早稲田大学教授、整形外科医)に取材。診断・治療・予防と言われ、予防についてはどうしても後回しになりがち。前十字靭帯損傷に対して、近年になってようやく予防の研究が進み始めた。実際に、いくつかの予防運動プログラムが開発され、現在その実施と効果検証が進んでいる。

今回の100号記念特集では、この前十字靭帯(ACL)損傷を中心とする下肢の外傷予防プログラムについて紹介してみたい。

ACLは、1970年代後半、整形外科特にスポーツ整形の分野で世界的トピックとなった。それから約30年たって、ようやく予防法への医科学的アプローチが本格的になされるようになったというわけである。

まだ取材が始まったばかり。今後をお楽しみに。(清家輝文

写真は、取材中の福林先生。

福林先生
スポンサーサイト