FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

昨日、外傷予防のプログラムをテーマに、福林徹先生(早稲田大学教授、整形外科医)に取材。診断・治療・予防と言われ、予防についてはどうしても後回しになりがち。前十字靭帯損傷に対して、近年になってようやく予防の研究が進み始めた。実際に、いくつかの予防運動プログラムが開発され、現在その実施と効果検証が進んでいる。

今回の100号記念特集では、この前十字靭帯(ACL)損傷を中心とする下肢の外傷予防プログラムについて紹介してみたい。

ACLは、1970年代後半、整形外科特にスポーツ整形の分野で世界的トピックとなった。それから約30年たって、ようやく予防法への医科学的アプローチが本格的になされるようになったというわけである。

まだ取材が始まったばかり。今後をお楽しみに。(清家輝文

写真は、取材中の福林先生。

福林先生
スポンサーサイト