FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

読者プレゼント予告です。

㈱大修館書店より、本誌連載中の

『経絡ストレッチと動きづくり』(向野義人 編著、朝日山一男、籾山隆裕 著)
の書籍をご提供いただきました。

経絡ストレッチ ブログ用各章の内容は
プロローグ 現代医療としての東洋医学
第1章 経絡と経絡テスト
第2章 経絡ストレッチの実際
第3章 動きづくり理論と軸体操
第4章 さまざまなスポーツの動きづくり
です。

大修館書店の編集担当者様より
「内臓や四肢、関節と連絡して身体を調節し全身運動とも関連している経絡ですが、これが動きを伴うことで痛みが出現し可動域が制限される場合、それに関わる経絡をストレッチすることが痛みを除去し、競技力の向上や障害予防に役立つこと、さらにどんな動きづくりを行うことが経絡によい刺激を与えるかを、多数の写真を使って紹介されている本です。 」とコメントをいただきました。

是非、読んでみたい! という方は、ご応募下さい。
スポンサーサイト



読者プレゼント予告です。
今日は、㈱エバニューよりご提供いただくことになった、

『MBT(エムビーティー)』を紹介。

このMBTは、メカニカルエンジニアでSWISSmasai創業者のカール ミュラー氏が、
かつてひどいアキレス腱痛、腰痛、膝痛に悩まされていたときに、草原や森の中の柔らかな地面を歩くと、痛みが軽減されることに気づいたそうです。
そこで彼は、草原や森の大地のような不安定な地面を靴の底に再現しようと考えて、6年間の研究の結果生まれたのがMBTです。
そして、ケニアの草原で現在も一部素足の生活をし、美しい歩行と、高い跳躍力で知られる、誇り高き民族マサイの人々の名を冠してMBT(マサイ ベアフットテクノロジー)と名付けられたのです。
LMT010_Mウォーク10M ブログ用
今回、㈱エバニュー広報担当者様からは以下のようなコメントをいただいております。
「MBTを履いて歩くと正しい姿勢になります。
歩けば歩くほど筋肉が活発に働き、一歩一歩が全身運動となり、基礎代謝のアップも期待できます。MBTは単なるシューズではなく『エクササイズギア』です。履いた瞬間から全身の筋肉を動かすエクササイズが始まります。日常生活に取り入れることにより、特別な時間を割くことなく、トレーニングができます。MBTを履くと、とにかく歩くのが楽しいですよ!! 」

この商品の読者プレゼントは、実際には「MBT引換券」を送ります。
当選者の方のお住まいの近くのMBTウォーキングスタジオを紹介しますので、引換券を持参のうえ、
正しいフィッティングと歩き方、立ち方を専門の指導員の方に指導してもらったうえで、ご自身に最もフィットしたシューズを受け取ることができます。

是非、読者プレゼントへのご応募お待ちしております。