FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

ミューラージャパン㈱様より、

『Muller スプリングバッグ』16017-demo3-Rich ブログ用 をご提供いただきました。16017-main ブログ用
ミューラージャパンのご担当者様からは
「ショルダーバックタイプの携帯用トレーナーズバッグです。緊急用の製品を詰めることができ、両手をふさぐことがなく、ケアがスムーズに行うことができます。
今年のお勧めの新製品です」
とのコメントをいただいております。



この春、スポーツ現場で大活躍しそうなバッグです!
“このバッグ、欲しい!” という方は、本誌第100号記念読者プレゼントから、
ご応募下さい。 (田口)

スポンサーサイト



今月出る100号の特集のため広島大学に取材で出かけた。広島は、日曜、お花見で大変な賑わいであったとか。

しかし、昨日月曜は雨模様で、桜も寒そうだった。

広島大学では、4年前から前十字靭帯損傷予防プログラムをチームを対象に実施、研究を続けてこられた浦辺幸夫先生らに取材。そのプログラムによって、実際にACL損傷は半減している。

予防するには、原因がわからないといけないが、原因はひとつであるとは言えない。従って、運動の種類も大きく3つに分けることができるが、予防のためのエクササイズは、パフォーマンス向上にもつながっている。

予防プログラムに対して、世界で取り組むようになった。21世紀は予防が重視されるようになるのかもしれない。まだまだ予防に対する意識は低いが、今後ケガのみならずいろいろなところで「予防」の精神が広まるとよい。

まだまだ取材が続きます。追って、報告します。(清家輝文)