FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

伊藤超短波㈱ 様より読者プレゼント決定しました!

なんと! あの 『ツインビートPro』 です。

伊藤超短波は、物理療法機器の分野で世界的に知られた企業ですが、その医療とスポーツ、両分野で培ったノウハウで、世界に挑むスポーツ選手を治療とコンディショニングを通じて貢献しているので、ご存知の方も多いと思います。
この『ツインビートPro』はプロ基準の4極干渉を実現した、ハイクラスの最新携帯型EMSマシンです。
TBpro-huzoku ブログ用
「ツインビートProは、業務用レベルの干渉波を搭載した最新の携帯型EMSマシンです。干渉波は電気刺激のピリピリ感を軽減できるため、広範囲で深部の筋肉(インナーマッスル)を効率よくトレーニングすることが可能になりました。筋肉特性を考慮した本格的プログラムを5本搭載。シェイプアップ・エクササイズ・筋力維持のプログラムに加え、マッサージやリフレッシュ目的にも使用できます。」
(伊藤超短波㈱ご担当者様 談)



アスレティックトレーナーの方、スポーツ選手、この第100号記念読者プレゼントのチャンスをお見逃しなく! ご応募お待ちしております! 応募の詳細は100号に掲載します。(田口)

スポンサーサイト