FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日、国立スポーツ科学センターのクリニックで三木先生に取材。

三木先生は、WJBL(日本女子バスケットボールリーグ)の下肢外傷予防プログラムづくりに関わってこられた。

まもなくその導入の結果がでるが、導入前から外傷発生率は低下気味なので、それがさらに低下したかどうかが興味深いところ。

WJBLで予防エクササイズプログラムをDVDにしてリーグのチームに配布し、トレーナー主導でその実践が行われてきた。そのDVDがほしいというチームがリーグ以外にも多いが、指導できる人がいないとリスクもあるので、まだそこまでは至っていないとか。

しかし、いずれは中学生向けのものもつくりたいそうだ。

詳しくは、次号100号の特集で紹介しますので、ご期待ください。(清家輝文)

写真はその三木先生に取材中のものです。
画像 DrMiki
スポンサーサイト