FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


今月出る100号、やっと入稿。

今月の特集は計20ページというボリュームです。特集タイトルは「ACL損傷予防プログラム」。もちろん、ACL(膝前十字靭帯)のみに限った話ではなく、足関節捻挫も含めた下肢の外傷予防がテーマになります。

今回は、世界の動向と日本の動きを福林先生に、広島県の高校バスケットボールを対象に取り組んだこられた話を浦辺先生と佐々木さん(広島大学大学院博士課程)に、WJBLのプログラムについて、三木先生と津田トレーナーに、そしてACL損傷から競技復帰したNECレッドロケッツの有田選手に取材し、まとめました。

100号記念ということで、「はじめに」という項を設け、ACL損傷に取り組んできた人たちの話、予防についても、日本では以前からすでに取り組みがあったことなどを記し、本誌も次のステップにいけるよう、これまでの流れを整理しました。

昨日は会社に泊まり、今日は昼ごはんをたべる時間もなく、ちょっとバテました。でも、みなさまのおかげで、よい号になったと思います。100号、お楽しみに。(清家輝文)
スポンサーサイト



引き続き、読者プレゼントのお知らせです。

セノー㈱様より、
『レジスタンスチェア』 をご提供いただきました。

レジスタンスチェア女性ブログ用
このレジスタンスチェアは、持久力、筋力、柔軟性および身体各部のバランスの向上が期待できる、高齢者のトレーニングに最適なレジスタンスチェアです。

たとえばニーベント(大腿筋)、アームカール(上腕二頭筋)、チェストプレス(大胸筋)、ラテラルレイズ(三角筋)、ベントロウ(菱形筋)、アブ・クランチ(腹直筋)など、高齢者トレーニングに最適な豊富なプログラムを手軽に楽しく省スペースで行うことが可能です。
幅52cm×高さ(厚さ) 99cm×長さ(奥行) 54cm。
価格41,790円(税込)です。

別途購入が必要ですが、さまざまなオプションパーツがあり、それらを組み合わせることで、さらにトレーニングプログラムが広がるようです(詳しくはHP参照)。

一度試してみたい方、母の日のプレゼントにとお考えの方(あ、もちろん父の日のプレゼントにも…)、本誌100号の読者プレゼントからの、ご応募お待ちしております。  (田口)