FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

まだまだ続く読者プレゼントの予告です。

今回ご紹介するのは、中古トレーニングマシン販売専門会社「ザオバ」様よりご提供いただきました、


ホワイトレザーグローブ(左)とメッシュグローブです。

ホワイトレザーグローブブログ用メッシュグローブ

「豊富なザオバオリジナルトレーニンググローブの中から『ホワイトレザーグローブ』」と『メッシュグローブ』の2種類をプレゼントさせていただきます。ホワイトレザーグローブはデザイン性を高めたグローブです。ホワイトを基調としたカラーで、見た目でもファッショナブルな感覚が感じられます。素材は皮を主に使い、リストバンドにより固定することができ、しっかり手首全体からサポートします。
メッシュグローブは、部分的に柔らかいメッシュを織り交ぜ、全体的に柔軟にサポートします。」(㈱ザオバご担当者 談)


トレーニング時以外にも使えそうな、デザイン性にすぐれたグローブです。
1つは持っていたいトレーニンググローブ! 
欲しい方は、100号読者プレゼントで応募してね。(田口)

スポンサーサイト



編集者という仕事をしていて気がついたことがある。「喫茶店のマスターと似たところがあるな」ということである。

喫茶店のマスターやバーテンダーといった人は、客が普段は見せない姿をみることができる。一人で入ってきて、何かを頼み、考え事をしたり…。時には話しかけることもあるだろう。それは、日常の社会で見せない顔だったり、表情だったりすることがある。

編集者も少し似たところがある。原稿をいただき、それを雑誌や本にするのだが、それはあくまで「表の顔」である。本当はこう書きたいのだけれど、そうは書けないということはたくさんある。不特定多数の人が目にするのだから、何でも自由に書けばよいというものではない。

書いたものは自信に満ちていても、書いた本人は不安があるということもある。「これ、どう思う? こんなこと書いて大丈夫だと思う?」と聞かれることもある。「これで面白いかなあ?」と言われることもある。「え、あの先生がそんなこと言うのですか?」と言われるだろうことも少なくない。

原稿とは関係のない話も多い。「ほかでは言えない」話も少なくない。編集者の多くは、そういう話をたくさん聞いている。記事にはできない、記事にはならない話。「そんなことがあったんですか…」と応えるしかない話。

今の仕事をしている限り、そういう話を表立って語ることはない。仕事というのはみなそういう部分を少なからず持っているのかもしれない。スターや政治家の実像なども知っている人にしかわからない。

喫茶店で思い出した。昔、東京の参宮橋に「カフェクロス」という喫茶店があった。オリンピック記念青少年センターのそばということでよく行ったものだ。セミナーや会議、取材のあと、コーヒーを飲んだり、ビールを飲んだり、昔懐かしのスパゲティを食べたり、25年前に発足した「スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会」の懇親会会場でもあった。ここで知り合った人は数多い。

そのクロスのマスターとK先生と私とで話していて、奇遇な発見があった。その場で結成されたのが「AB型獅子座の妻を持つO型夫の会」であった。「こういうことない?」「そうそう!」と盛り上がった。もうその喫茶店もない。20年くらい前の話か。あまり連載テーマと関係ないが、土曜日ということで許してください。(清家輝文