FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


月刊誌、しかも専門誌を編集していると、いろいろなところから、「こういうの、やってくれます?」という依頼がけっこうくる。

間もなく刊行される日本レスリング協会の「ジュニアレスラーのためのトレーニングブック」という小冊子(協会内のもので市販はされない)の編集もさせていただいた。昨年は「ジュニアレスラーのためのコンディショニングブック」だった。

今日打ち合わせがあるのは、某老舗料理店の冊子で、「食育」に関するもの。まだ、どうなるかはわからないが、面白そうではある。

こうしていろいろな団体や人と企画をねるのはとても楽しい。ものづくりはこの段階が一番楽しいかもしれない。可能性はいくらでもあり、アイデアの段階なので、何人かで考えること自体が刺激的である。魅力ある人がいると、またさらにモチベーションがあがる。全く異分野の人のほうが新鮮で学ぶところが多いのはどの仕事でも同じか。

来月号のことを考えなくてはいけないのだが、とりあえず、今日の午後はいつもとちょっと違うことを考えてみよう。(清家輝文

スポンサーサイト