FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

読者プレゼント予告です。
今日、ご紹介するのは、
㈱ニシ・スポーツ様の

『ストレッチポールV』 です。
ストレッチポールV商品画像ブログ用ストレッチポールは、もうみなさんもご存知のとおりだと思いますが、まだまだ根強い人気アイテムです。

「アメリカでバランストレーニングや脊柱のスタビライゼーション(安定化)に用いられたものを、2人のトレーナーが”癒し系”としての使用方法(コアコンディショニング)を開発し誕生させたものです。ポールの上に仰向けに乗り、ゆっくりと様々な動きを行うだけで、体幹部を短時間で効果的にリセットすることができます。」
                                 (㈱ニシ・スポーツご担当者様 談)

まだ、ストレッチポールを試したことがないというあなた! 
この機会に、100号読者プレゼントに応募して、ストレッチポールをもらっちゃおう! (田口)
スポンサーサイト



昨日は、浅草で打ち合わせ。雷門のそばの老舗料理店。「食育」関連の冊子をつくるという話。

明治の創業で、現在の建物は30数年前のものだから比較的新しいが、内部はかなり明治調だった。

京都に行くと、いつからやっているのか聞くと、もう700年になりますとか、驚くほど古いところがあるが、古くから店を開いているところはやはり落ち着く。(坂本龍馬が泊まったことがあるという旅館に泊まったことがあるが、そこはどうも落ち着かなかった。でも風情はありました。)

なんとかヒルズとかなんとかタワーとか、新しいものがどんどんできていくが、こうした古いものはやはり残していきたいもの。それはたやすいことではないが、スクラップ&ビルドばかりで味気ない。

京都の町屋を店にしたり、大阪でも同じようなことがあったり、小樽では古い倉庫が店になっていたり、全国で古い民家を店にするのも流行っているようだ。

古いものに新しい感覚を加えることで、さらに魅力が増したりする。

それは家だけでなく、なんでもそのようだ。

今日は、会議が2つ続く。また後日、報告します。写真は言わずと知れた、雷門です。(清家輝文

P1000036.jpg