FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日、東工大で「第22回アスリートのためのライフスキルプログラム研究会」。「スタート教材」を作成し、今年度から講師を育成し、効果判定も行うなど、事業展開していく。

それに先立ち、研究会を組織化(定款づくりなど)した。「アスリートのためのライフスキル」はじつは企業でのニーズもある。ビジネスはよくスポーツにたとえられる。似た点が多いからだが、ある経営者は、スポーツ選手はみんながみているところで負けるのだから、ビジネスの比ではないと言っていた。チームをつくり、目標を決め、変化する状況に対応し、勝利を目指す。ビジネスもたしかに似ている。

だが、「アスリートのためのライフスキル」は「スポーツを通じた人づくり」を目的にしている。人として成長しないかぎり、アスリートとしても成長しないという仮説のもとにプログラムづくりを行っている。それはビジネスにおいても通じることではないか。目標設定もコミュニケーションも同様だろう。もちろん、本当かどうか、これから研究、検証していく必要があるが。

この「アスリートのためのライフスキルプログラム」についても、本誌で次号から連載形式で記事や情報を提供していく予定です。ご期待ください。(清家輝文)
スポンサーサイト