FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

昨日、東工大で「第22回アスリートのためのライフスキルプログラム研究会」。「スタート教材」を作成し、今年度から講師を育成し、効果判定も行うなど、事業展開していく。

それに先立ち、研究会を組織化(定款づくりなど)した。「アスリートのためのライフスキル」はじつは企業でのニーズもある。ビジネスはよくスポーツにたとえられる。似た点が多いからだが、ある経営者は、スポーツ選手はみんながみているところで負けるのだから、ビジネスの比ではないと言っていた。チームをつくり、目標を決め、変化する状況に対応し、勝利を目指す。ビジネスもたしかに似ている。

だが、「アスリートのためのライフスキル」は「スポーツを通じた人づくり」を目的にしている。人として成長しないかぎり、アスリートとしても成長しないという仮説のもとにプログラムづくりを行っている。それはビジネスにおいても通じることではないか。目標設定もコミュニケーションも同様だろう。もちろん、本当かどうか、これから研究、検証していく必要があるが。

この「アスリートのためのライフスキルプログラム」についても、本誌で次号から連載形式で記事や情報を提供していく予定です。ご期待ください。(清家輝文)
スポンサーサイト