FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

本誌100号が本日発売になりました!

かねてお知らせのとおり、「100号記念読者プレゼント」を実施しています。魅力的な商品17点(16社)が各企業さまのご協力で提供されています。編集部内でも「これほしいな」と言う声があるのですが、もちろん公明正大に抽選しますので、どしどしご応募ください。

さて、特集は「ACL損傷予防プログラム-下肢のケガを防ぐために」です。ACL損傷は、スポーツ整形外科の最大のトピックといってよいかもしれません。それを予防するための運動プログラムへの関心が世界的に高まっています。

本文でも記しましたが、それに先立ち、日本ではすでにACLをはじめ下肢のケガの予防のためのエクササイズが実施されていました。

そういう歴史も踏まえて、これからスポーツメディスン、スポーツ医学が歩む道を探る特集にもなっています。ほかの号もそうですが、この号はとくにお手元においていただきたい1冊です。(清家輝文)

詳しい目次、特集ページの一部閲覧はこちらで可能です。

何か不明な点や購入のお申込は、電話03-3372-6251まで。もちろん、メールでもけっこうです。送料はいただきません。お電話いただければ、すぐに発送します。
スポンサーサイト



引き続き、読者プレゼント予告です。
キヤノントレーディング㈱ 様より、

『ポラールFS1』 をプレゼントです!

ポラールFS1 ブログ用「シンプルな機能で操作が簡単!「ポラール心拍計FS1」は付属の胸部センサーで心拍数を検知し、無線で時計型レシーバーにデータを送り、リアルタイムで心拍数を表示します。
 表示も大きく、見やすいデザイン。目標心拍数も設定でき、心拍数の管理が確実におこなえる。運動強度の管理にオススメです! ワンボタンで操作も簡単なのでトレーニングからリハビリテーション時の強度管理に最適。また、時計としても十分に使用できるデザインです」
(キヤノントレーディング㈱ ご担当者様 談)


あなたならトレーニングで使いますか? リハビリテーション時に使いますか?
一度、使ってみたいという方は、100号記念読者プレゼントからご応募下さい。

これ欲しい! と思った方は、
↓拍手クリックお願いします。 (田口)
読者プレゼント予告です。
㈱医道の日本社より、

新版『トレーナーズ・バイブル』 をプレゼント!

トレーナーズ・バイブル ブログ用「アメリカで最も権威のあるアスレティックトレーナーの教科書を翻訳した前版『トレーナーズ・バイブル』の新版(著者:William E.Prentice、Daniel D.Arnheim、監訳:岩崎由純)です。
 スポーツ現場で活動する監督やコーチ、体育教師、指導者、そしてアスレティックトレーナーを目指す学生やアスリートにも役立つ基礎知識や最新情報、傷害への対処法を盛り込み、ページ数(B5判/613頁)も倍増しました」(医道の日本社 ご担当者様 談)

アスレティック・トレーナー必見の1冊です。
是非、100号記念読者プレゼントからご応募下さい。
↓欲しいと思った方は、ポチッと拍手クリックしてね。 (田口)
編集部の三橋です。皆さんお久しぶりです。決してサボっていたわけではないのであしからず。

さて昨日はNike Japan主催の懇親会に参加してきました。これまでNikeではプレス向けにイベントを多く開催しています。今回は北京五輪をイメージした内装、料理は中華料理を楽しみました!

公式ブログ1

ブログ写真3

これまでNikeは「Nike+」をリリースし、新たなランニングスタイルを提案してきました。このNike+はi Pod nanoと連動し、靴にセットしたチップセンサーで自分の走った距離や、消費カロリーなどがわかってしまうという優れものなんです。それでPCに接続すれば自分のワークアウトデータを管理することはもちろん、他のメンバーがどれだけ走っているか確認することもできるという楽しいツールになっています。


実はNike Japanでは昨年からプレス向けに、Nike+を使ったイベントを開催してたんです。それは2カ月間の走行距離を競い合うというもの。

当然僕は参加を見送りしましたが。汗

なんと優勝商品はペニンシュラホテル宿泊券と、ランニングコーチを帯同させるという、おもしろくもあり超豪華な内容!
入賞者の中にはNike契約選手としてオールシーズンでグッズの提供を約束される方もいました。
いいなぁ。

公式ブログ2

いずれの方々も自分よりも年上の方たちばかり。僕も負けていられませんね。久しぶりにランニングを始めたいと思います。(三橋智広)