FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


本ブログに「全国スポーツクリニック一覧」をリンクした。

右側の救急車マーク救急車ブログ用のあるところ。

この全国スポーツクリニック一覧は、1995年から本誌編集部が独自に調査したデータである。
調査用紙を郵送し、回答が得られなかった医療機関には複数回同様の依頼を送り、
それでも回答が得られなかった場合は、電話による調査を行った。
多くの医療機関にお忙しいなかご協力いただき、このデータは、現在も新しいデータが
増えている。
もちろん、新たにいただいた情報は、本誌はもちろんのこと、アタックネットや
月刊トレーニング・ジャーナルでも、紹介している。

編集部には、「スポーツで膝を故障したのだけれども、どこの病院に行けばいいですか?」といった問い合わせも多い。
そんなときに、この全国スポーツクリニック一覧がお役に立てればと思っている。

できるだけ新しい情報を提供していきたいと思っているが、日々、医療機関も変わっている。
ご利用いただくとともに、掲載医療機関関係者の方で、情報に修正・変更があれば
新データはいつでも編集部までお寄せ下さい。

また新規の情報についても、このブログ内のメールをご利用いただくか、FAX.03-3372-6250までお寄せ下さい。(田口)
スポンサーサイト



1982年、『ドミンゲス博士のスポーツ医学百科』という翻訳書を刊行した(ブックハウスHD社)。翻訳は例によって知り合いのグループに頼み、原稿は私が修正していった。その監修は武藤芳照先生(現在東京大学大学院教授、東京厚生年金病院整形外科客員部長)にお願いした。

原題は“The Complete Book of Sports Medicine”。その冒頭にこう書かれている。

「このスポーツ医学への入門書は一般人を対象としたものであるゆえ、『スポーツ医学』という言葉を、私は、スポーツ活動を直接あるいは間接的に扱う医学や科学のあらゆる分野として捉えていることを付け加えておかねばならない」(p.12)

これを読んだとき、私はその“一般人”であるから、とたんに「スポーツ医学」の領域を広げて考えた。それなら建築家やデザイナー、音楽家など芸術家、工学系の人など、ほんとうに広い分野が関わるではないか。

ただ、それを「スポーツ医学」と呼ぶにはやはり抵抗がある。「医学」の文字は自ずから領域を限定する。

そこでsportsとmedicineをつなげ、1語としたsportsmedicineをそのような意味で用いることにした。もちろん、説明しなければ通じないことだし、説明しても納得してもらえるかどうかわわからない。だが、少なくとも、私自身はそう考えようとしたのである。

スポーツ医学は学際的領域である。そういう表現もしばしばなされるようになっていた。以前にも記したように、私自身は文系の出であるが、自ずと医学系のみならず、生命科学、建築、芸術、工学、経済学など、なんでも面白そうな本は読むようになっていた。教科書的なものではなく、一般向けのものではあるが、それでも視野を広めるには役立った。

1983年『スポーツ・ヘルス』という翻訳書の編集も経験したが、この本の中に、この筋肉が損傷すると愛する人を抱きしめることができないというような一文があった。なんと、わかりやすく、また機智に富んだ説明かと思った。こういうふうに書ける人は少ない。

それでも実際の取材などでは、整形外科医や理学療法士、トレーナーといった方に接することが多い。特に「お医者さん」となると、またそれも大学教授や大きな病院の整形外科部長ともなると、そうたやすく接することはできない。会う前はどうしても緊張する。だた、会ってみて話すと、それが杞憂であるだけでなく、全く認識を改めなければいけないことだと知るようになる。これについては、また次回。(清家輝文
4月27日の日曜、大阪で99号の特集で取材させていただいた廣橋先生と「変形性股関節症の運動療法」のDVD制作で打ち合わせ。6月には完成させる予定ですので、ご期待ください。

翌28日は、京都でNPO神戸アスリートタウンクラブの10周年記念式典で放映するためのDVD映像を収録。「アスリートタウン構想研究会」に関わった主要メンバー、アスリートタウンクラブ設立に関わったメンバーなどが集まり、一人一人の語りと座談会を収録し、あとで編集して、式典当日放映するというもの。

私も出演しました。最初テスト、2回目OKが出てほっとしたあと、「音声が悪かったみたいで、もう一度」と3回目。これはちょっと気が抜けた感じかも。

座談会は、カメラの関係でL字に座って行ったが、とても楽しく、また勉強にもなり、学ぶところが多かった。そのあとは場所を変えて、食事。4時間くらい楽しい話でした。

DVDやビデオは、何度も撮り直し、わずか数秒のカットに30分以上かかったりすることもあります。でも、本や雑誌をつくるのとはまた違った面白さがあります。映像の世界は、たいへんだけれど、魅力があります。

上記のDVDについては、また完成次第詳しくお知らせします。

写真は、撮影会場から食事の場所に移動する際歩いた疎水とそのわきの道。話しながら歩くのに最適です。(清家輝文

P1000048.jpg