FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


今日は、本誌の次号で紹介する「レッドコード」の取材で、
地下鉄日比谷線の「神谷町」駅からほど近い、インターリハ㈱フィジオ・センター
行った。

このフィジオセンターのスタッフは、すべてフィジカルセラピスト(理学療法士)の方々。
このセンターは約3年前にオープンし、リハビリ・コンディショニングを提供している。
リハビリの必要な人はもちろん、スポーツ選手も通っている。

このセンターで、レッドコードの指導をしているのが、大田幸作氏。大田氏は、ノルウェーでスリング・エクササイズ・セラピー国際インストラクターの資格を修得し、日本ではレッドコードスポーツインストラクターの資格を持つ。
レッドコードブログ用
プログラムを紹介していただいている合間に、実際に体験させていただいた。
このレッドコードでは、不安定な状態をつくることで、3次元的なトレーニングができるわけだが、じんわりと筋肉に効いてくるが、非常に楽しい!
 
どんどん、いろいろなプログラムをやってみたくなる。
日ごろの運動不足のわりには、意外と大田氏の指示どおりにこなすことができ、ちょっと、ほめられたりもして、まだまだ鈍っていないなと、我ながら、心の中で小さくガッツポーズである。

体験者にあわせてレベルをかえることができるが、スポーツ選手のなかでも、フリーウェイトで重いバーベルを挙げられるような選手でも、このレッドコードをやってみるとまったく動きができなかったりすることもあるらしい。

もうお気づきの方もいらっしゃると思うが、筋力もUpすることはもちろんできるが、筋力じゃないのである。このあたりは、本誌次号で紹介していくので、楽しみにしていただきたい。

とりあえず、明日の筋肉痛は覚悟しなければ・・・・。(田口)

スポンサーサイト



今日は1日外にいたので、この公式ブログを書くのが遅れました。

100号記念号が出て数日でお電話をいただくドクターがいる。整形外科の先生だが、特集を読んで感想や批評を電話で忌憚なく話していただける。

「う~ん、やっぱりそこを突かれたか」ということもあるし、「それはちょっと違うんだけれど…」ということももちろんある。

だが、いずれにしてもありがたいことである。わざわざ診療の合間に電話していただける。編集者というのは、執筆者同様、出来上がったものの評価がどうなのか、心配でもあるし、楽しみでもある。たくさん売れれば評価されたととりあえずは言えるが、実態は必ずしもそうではない。面白そうなタイトルなので、買って読んでみたが、つまらなかったとなると、もう次はないかもしれない。

「批判する」ということは、しかも当人を前にするということはたいへんエネルギーがいる。こういう仕事をしていると、時々、内容に関する批判のお電話をいただく。それもありがたく聞くことになる。

よく言われることだが、褒められているうちは本物ではない。文句を言われるようになって初めて一人前かもしれない。もう、このトシなので、お褒めにあずかることは少ない。批判はたくさんある。それでよいのだと思う。

この公式ブログを開設したのも、そういう読者のみなさんの声を聞きたいという思いからでもある。右欄のメール欄から送っていただければ、たいへん参考になります。

取材その他の場で、いろいろお聞きするご意見も貴重なもの。ああだ、こうだといわれながら、雑誌というのは成長していくものだと思いますので、今後ともよろしくお願いします。(清家輝文