FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日のレッドコード体験から1日が経ち、恐れていた筋肉痛にはまだなっていない。
プログラムによってはストレッチ効果もあるので、そのせいかもしれない。
1日ほぼパソコンの前に座っている仕事内容なので、慢性的なひどい肩こりに悩まされているのだが、それも今日は楽に感じる。
とにもかくにも、運動不足なわけで、なんとか脱却をはかりたいと、あいかわらずパソコンの前で思っている次第である。

DSC_0027ブログ用さて、このレッドコードを使ったセミナーが、、6月21日(土)、昨日ブログで紹介したフィジオセンターを会場として、午後1時~4時まで、「新しい動きをつくるコアトレーニング」と題して開催される(主催:㈱ウェルレックス)。

内容は(予定)、
1.アスレチックパフォーマンスを向上させるための、機能的なトレーニングとは
2.レッドコードを利用した機能的なトレーニング
                               3.ワークショップ(実技体験)

競技スポーツに携わる指導者、選手、ストレングスコーチ、アスレティックトレーナー、柔道整復師、ほか、興味のある方ならどなたでも受講可能だそうだ(受講料2,000円)。

講師も、昨日紹介した大田氏が行う。
3次元トレーニングが可能な「レッドコード」を使って、スタビリティと神経筋のトータルトレーニングを紹介するセミナーである。

正式なセミナー案内は、㈱ウェルレックスHPでも近々詳細がアップされるので、興味のある方は、是非アクセスを!(田口)
スポンサーサイト