FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


こんにちわ。編集部の三橋です。

ゴールデンウィークも明け、仕事がたんまりしている方もいらっしゃるかもしれません。また休みなどなかったわ!と言われる方も。

さて今回の報告ですが、先日第22回フィットネスセッションがYMCA(東京都江東区)にて行われました。僕はその初日に足を運んできたわけですが、熱気が凄い! 人の多さもそうですが、参加者の多くが運動指導をされている方とあって、エネルギーに満ちあふれていました。写真はピラティス講義の模様。

DSC_1861.jpg

今回の参加者の概算人数はなんと5,500人を見込んでいるそうです。当初はダンスのイメージ色が濃かった当セッションですが、近年はコンディショニングなどの講義も充実させているといいます。たしかにそうそうたる顔ぶれの方が講師としても参加されていましたし、一般参加者に混じって見たことのある顔ぶれがちらほら。

詳細については101号にて。
スポンサーサイト