FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

休日以外は必ず更新を方針にしていますが、この土日はDVD撮影のため大阪出張します。また、その他のこともあり、編集部3名土曜は社にいませんので、明日このブログは休載になります。また月曜日から更新しますので、よろしくお願いします。(清家輝文)
スポンサーサイト



やっと101号を入稿しました。半日遅れですが、ま、なんとか。

特集は「メディカルストレッチング-筋と脳の再教育という考え方-」で、愛知医科大学運動療育センターの丹羽滋郎先生グループのお仕事をまとめました。

折りしも、金原出版から同名の『メディカルストレッチングー筋学からみた関節疾患の運動療法-』という本が丹羽先生グループの共著としてまもなく出ます。

お忙しいなか、丹羽先生には夜中まで原稿をチェックしていただき、感謝のことばもないくらいです。

今は疲労困憊状態で、キーボードを打つ指もスピードの遅いこと。ミスタッチも多い。でも、本当に面白い特集ですから、ぜひ読んでください。今月26日発売です。一般の書店にはほとんど置いていません。直接お申込いただくのが速く、確実です。

写真は101号の表紙です。

P1000019.jpg

悲しいお知らせ。編集部の愛犬、ダンディがほぼ17年生きて、今朝亡くなりました。この1カ月は自分で歩くこともできず、気圧が低い日は1日中辛そうにないていました。今日は涙とともに校了しました。「すべての犬は天国に行く」。ばいばい、ダンちゃん。(清家輝文)