FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

おかげさまで101号が完全に終わりました。今朝、黒焼きという最後の確認でおわり。あとは26日の納品をまつのみです。

今月の特集は、「メディカルストレッチング」で、愛知医科大学の丹羽滋郎先生グループのこの5年くらいのお仕事をまとめさせていただいた。二関節筋は関節を曲げて弛緩させて伸ばしたほうが、よく伸びるし、痛みもないという方法で、肩甲骨のロックをはずすという面白い現象もあります。

そのほかにもたくさん、すぐに活用できることがたくさん出てきます。みなさん、ぜひお手元においてください。

土日に森ノ宮医療大学で廣橋先生による「変形性股関節症の運動療法」のDVDの撮影をしましたが、写真はそのときのもの。スチル写真用のカットですが、ちょっと雰囲気はわかるかと思います。これもご期待ください。(清家輝文)

DSC_0587.jpg
スポンサーサイト



西川整形外科リハビリクリニック

9-2.jpg

所在地
〒661-0031 兵庫県尼崎市武庫之荘本町1-2-1
(阪急武庫之荘駅徒歩7分〉
TEL06-6431-4300 FAX06-6431-6003 診察予約06-6431-4310

スポーツに関する診療窓口
スポーツ整形外科

対象科目
整形外科、リハビリテーション科

代表者名
西川哲夫

診察曜日 月~土 午前9:00~12:00、月火木金 午後16:00~19:00

初診受付の有無
有 電話予約可

担当医師の数(理学療法士、運動指導員など)
医師1名、看護師3名、理学療法士(常勤)3名、パーソナルトレーナー4名、ベースボールアドバイザー2名、健康運動指導士(トレーナー)2名

主な測定、トレーニング機器など
診察室、レントゲン室、リハビリ訓練室

特徴
スポーツ外傷・障害の診断と治療、術後リハビリテーションなど徒手医学の技術を駆使したリハビリテーションをおこなっている。また日本プロ野球トレーナーズ協会と提携し野球障害を予防するための技術指導に力を入れている。日本女子プロゴルフ連盟医事委員などのスポーツドクターとしての活動にも関わっており、プロからアマチュアまでのゴルフ等の障害にも対応している。

ホームページURL
http://www.nishikawa-seikei.com/


※スポーツクリニック掲載希望については、メールにて編集部までご連絡ください。