FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

今日は月刊スポーツメディスンの継続の手続きに関するお知らせです。
MSM101号表紙ブログ月刊スポーツメディスンを定期購読していただいておりますみなさんには、定期購読契約期間が満了となりますと、継続するかどうかのおハガキを送っております。
「継続の連絡しなきゃなぁ~」と思っているうちに、すっかり忘れていたという方も結構いらっしゃるようで、いつの間にか、月刊スポーツメディスンが届かなくなったと連絡をいただくことがあります。

当社の場合、自動継続になっておりませんので、継続の場合は、御手数でもご連絡いただく必要があります。

「あっ! そういえば継続するの忘れてた!」とか「いつまでの契約期間だったっけ?」という方は、当社まで電話でも、右側にあるメールボックスからでも、お名前とご住所を明記していただき、継続希望の方は、何号からの継続か、もしくは、継続確認を希望する方は、その旨を記入してご連絡下さい。

特集内容によって、在庫切れとなってしまう号もありますので、
定期購読をおすすめしますが、もちろん1冊のみのご購入でもOKです。

この時期、継続切り替えの方が多く、継続についてご案内させて
いただきました。
何か不明な点がありましたら、ご遠慮なくご連絡お待ちしております。(田口)
スポンサーサイト



昨日、東工大で「第23回アスリートのためのライフスキルプログラム研究会」を開き、いつものように、東工大石井研究室、神戸アスリートタウン、スポーツサポート機構の3グループと有志に加え、マナビスタの宮崎英寿さんをお招きし、「キャリア教育とライフスキル」について語っていただいた。

キャリア教育というのは、働く意味を知り、自立した若者を育成するような教育プログラムのことで、すでに広く実施されている。国際競争力が日本は長く20位以下という水準で、ニート問題もあり、若いうちから、仕事について学び、スキルをみにつけ、自立してやっていける人を育てようということで、企業、学校、地域社会がいっしょになって取り組むことになる。

これはまさにライフスキルプログラムが目指す点と一致する。

宮崎さんが言っていたが、面接すると、韓国、中国、台湾、インドといった国の若者はその会社に入ったら何をどうしたいかちゃんと語ることができるが、日本の学生はほとんど話せないそうだ。

これからの日本をになう人なのだが、将来の展望も暗い人が多いとのこと。

やはりどうにかしないといけない時代なのだ。

本誌では、アスリートのためのライフスキルプログラムについて、連載していく予定だが、多くの人の協力が必要なので、ぜひみなさんのお力を拝借したい。詳しくは、本誌にてご覧ください。

次回は6月24日(火)、午後6時から大岡山の東工大にて。次回も宮崎さんにご参加いただけそうである。(清家輝文)