FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

編集部の田口です。
先週もこのブログでお伝えしたように、老犬ダンディが、16歳10カ月という時を経て、虹の橋に旅立ちました。
だんちゃんちょうど、月刊スポーツメディスンの101号の校了日の早朝のことで、この101号は私にとってとても特別な号になってしまいました。
本当は校了日の最後の仕事として、巻末のページの「取材こぼればなし」を書く予定でしたが、突然のできごとがおきてしまったため、この号の「取材こぼればなし」はお休みさせていただきました。取材をさせていただきましたみなさんにお礼も言えず、すみません。
いろいろとご協力いただきありがとうございました。この場にてお礼申し上げます。

締切前のバタバタというかジタバタしてパソコンに向かって原稿を書いている私の背中を見ながら、「もー、早く抱っこしろよ」「早く散歩行こうよ・・」などと痛い視線を送りつつも、気がつくと爆睡していた姿が今はもう、いつもの場所におりません。今日は初七日。まだまだ、寂しいかぎりですが、
いろいろと、みなさんから励ましとお悔やみの言葉をいただき、本当にありがとうございました。

さみしいとは思いつつ、毎日の仕事に追われる日常が、今までと変わらずにやってきます。
・・・・で、今やっている仕事が、浅草にある老舗すき焼き屋「ちんや」さんからのご依頼いただいた、「すき焼き」の子ども向け小冊子の原稿。すき焼きの歴史からすき焼きの栄養など、書いていきます。
子ども向けなので、わかりやすい言葉で書かないといけないので、月刊スポーツメディスンの原稿とは随分違うタッチになります。
どんなふうにできあがるのか、我ながら楽しみな仕事です。

そんな、仕事も実はやっているんです。かたい仕事からゆるい仕事まで、いろいろです。
また、そんなご依頼もあれば、編集部まで御一報下さい。(田口)
スポンサーサイト



現在発売中の100号では、読者プレゼントを実施していますが、締め切りは今月末になっています。すでにメール、ハガキ、ファックスで多数寄せられていますが、当選確率が高い商品もありますので、お急ぎください。

いただいたおハガキのなかには、この雑誌が届くのを毎月首を長くして待っているというコメントを書いていただいた人がいました。こういうコメントはほんとうにありがたく、励みになります。

苦心してつくっている月刊誌ですが、少しでもお役に立てていただき、お仕事や勉強などにちょっとでもプラスにしていただければ、とても嬉しいことです。

「これでいいのかな」という不安は編集部にはどこかあるものです。少しでもよいものにしていきたいので、お気づきのことがあれば、メールでもなんでもかまいませんのでお寄せ下さい。

以上、よろしくお願いします。(清家輝文)