FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

101号は、26日(月)の発売です。来週の月曜です。ご期待ください。

メディカルストレッチングというタイトルの特集です。ハムストリングスのストレッチが膝が伸びないので、できない人に、では膝を曲げたままやってみてくださいといって、膝を曲げたまま行ってもらったところ、それでもだんだん膝が伸びるようになったのがきっかけという。二・多関節筋は弛緩させてストレッチしたほうが、痛みもなく、よく伸展される。

これだけの内容ではないが、中高年を対象に取り組んできたものが、実はスポーツ選手にも使えるというこれまでの流れと逆であるところが興味深い。

地上に生きていて、重力の影響を受け、腕1本動かすのでも、重力の下、肩甲骨がしっかり支えている。その重力の影響を軽減すると、「肩甲骨のロック」が外れる。脳の中のソフトがそのようになっている。丹羽先生はそのように語っている。

自分で制御しているつもりでも、実はそうではないことがけっこう多いようだ。この特集から発見できることは多いと思います。ぜひ、お手元に置いていただきたい号です。(清家輝文

写真は、特集掲載の1枚。

臨Fig42
スポンサーサイト