FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

ヤマハスポーツ文化フォーラムを昨日は取材してきました。

このフォーラムは水中運動普及による医療費削減と、社会の健康を目指すもので、プール事業も展開するヤマハが主催となり、今回で開催は9回目。会場には大学、企業、一般等200名以上が集まりました。

演者は写真の左から宮下充正・東京大学名誉教授、岡田真平・長野県東御市身体教育医学研究所研究部長、武藤芳照・東京大学大学院教授のそうそうたる顔ぶれ。武藤先生は会場からの質問に答えています。

ブログ写真1


武藤先生は黒板や動画を使って水中運動の魅力と、プール運営における注意点などを説明。その際には『水泳プールでの重大事故を防ぐ』小社刊を講演のなかでも紹介していただき、まことにありがとうございます!!


岡田先生は主にパワーポイントを使って、『地方都市でのプールを活かした健康増進』を話しましたが、同氏については次号で詳しく紹介させていただきます。


そして宮下先生(写真)。ヤマハのサウンドフープ(エクササイズグッツ)を持って登場し、一気に会場を和まします。その独特な語り口調に皆リラックスした様子でした。

ブログ写真4



講演の合間に行われたヤマハサウンドフープのデモンストレーションですが、会場全体が座った状態なのに息を切らしている方も。僕も途中まで参加したのですが、疲れたのでカメラを構えてパシャリ(写真)。サウンドフープに関しては、石井千恵先生の連載でも紹介予定です。もしかしたら読者プレゼントも!? 

ブログ写真3

この記事は102号で詳細について紹介させていただきます。あしからず。
(三橋智広)
スポンサーサイト