FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日、御茶ノ水の山の上ホテルで「第12回サントリー健康セミナー」。

「世界のゴマ、ゴマの世界~世界に広がるゴマ産地事情とゴマ油にみる日本食事情~」というテーマで牧野龍夫さん(竹本油脂株式会社執行役員、第一事業部長)が講演。

竹本さんは、アフリカ、東南アジア、中南米など、世界のゴマの産地を訪れ、ゴマ畑まで行き、収穫、クリーニング(夾雑物を除去する)、品質管理など、つぶさにみて、それを写真に収め、現地の人にインタビューし、その内容を報告された(それだけではないが)。そうそう、ゴマ油といっても焙煎のありなし、焙煎の程度で4種類もあるそうだ。焙煎しないのは、サラダ油のようで色もついていない。初めて知りました。

ゴマ畑、写真ですがこれも初めて見ました。驚いたのが、管理が行き届いている点。どこの誰がつくったものか、農薬はいつ何をどれくらい使用したか、調べればちゃんとわかるようになっている。ゴマのトレーサビリティをとるなんて無理と商社マンに言われたそうだが、現地にいくと実際には可能であることを証明されていた。

やはり現場に行かないとわからないことは多い。

日本はゴマの90%は輸入している。馴染み深いものだが、最早自給はできない。

次に、サントリーの健康科学研究所の小野佳子さん・主任研究員が、ゴマの成分とはたらきに関する20年間の研究成果をまとめた。

そのあと、竹本油脂のゴマ油をつかって、ホテルの有名なてんぷら屋さん「山の上」が、キス、エビ、アスパラガスなど5種類をてんぷらに。それをいただいてきました。もちろん、塩で。おいしかった。

食はほんとうに大事。ゴマの力を知って、なんでも大事にいただこうと思った。

写真は、右が牧野さん、左が小野さん。あとは、おいしそうなてんぷらをあげているところです。
(清家輝文)

P1000044.jpgP1000045.jpg

101号の特集でも紹介した「リガクチェア」。理学療法士の三橋先生が考案された。丹羽先生も著書中で紹介されている。

前後左右に座面が動く。これに坐っていると、腰痛がとれたという人は少なくない。自然によい姿勢になり、体幹もしっかりしてくるようだ。長く坐っている人にはおすすめ。

坐っただけで動かさなくても、体幹姿勢が独特の傾斜回転機構部によって正しい位置になり、医療領域ではヘルニア患者、腰痛患者の姿勢指導やトレーニングなどに使われている。

長時間坐業の人は腰痛もちになりやすいが、これなら、坐っているだけでも、骨盤をうまく使えるようになりそう。

DSCF0013.gifDSCF0020.gifDSCF0022.gif


椅子はキャスター脚、アジャスター脚、円盤脚の3種類ある。

興味のある方は、下記まで資料を請求してください。

販売元
フィンガルリンク
130-0005東京都墨田区東駒形2-13-13
tel.03-3625-6543 fax03-3625-6545
土曜日、池袋のホテル メトロポリタンで「青木高さんを囲む会」。

青木さんは、(財)健康・体力づくり事業財団に38年余勤務され、この3月で退職。ご病気をかかえておられることもあり、しばらくは療養、読書三昧の生活を過ごされるとのこと。

青木さんは、短気で口は悪いが、面倒見がよく、多くの人に慕われた。気さくな歓談の場にということで、約40名が集まった。

できるだけ多くの人にと、「1分間スピーチ」の時間が設けられ、私もちょっとした思い出を披露した。

青木さんには、本当にお世話なった。気さくで、いろいろ相談にのっていただいた。歯に衣着せぬところが小気味よかった。「ほんとうは優しい人」とある人が言っていたが、そのとおりだろう。

司馬遼太郎が好きで、毎日本ばかり読んでいるとか。記念品も図書カードがいいと、ご本人の希望。坐って本ばかり読んでいたら、人生で初めて「腹が出た」とのこと。

まだまだ教えていただかなければいけないことがある。しっかり療養されて、体力をつけ、またお会いしたい。(清家輝文)

会の終わりに挨拶される青木さん

P1000037.jpg

左はSSKの戸松さん、右は前コンビウェルネスの園山さん(お二人とも長いお付き合いです)
P1000038.jpg