FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

101号の特集でも紹介した「リガクチェア」。理学療法士の三橋先生が考案された。丹羽先生も著書中で紹介されている。

前後左右に座面が動く。これに坐っていると、腰痛がとれたという人は少なくない。自然によい姿勢になり、体幹もしっかりしてくるようだ。長く坐っている人にはおすすめ。

坐っただけで動かさなくても、体幹姿勢が独特の傾斜回転機構部によって正しい位置になり、医療領域ではヘルニア患者、腰痛患者の姿勢指導やトレーニングなどに使われている。

長時間坐業の人は腰痛もちになりやすいが、これなら、坐っているだけでも、骨盤をうまく使えるようになりそう。

DSCF0013.gifDSCF0020.gifDSCF0022.gif


椅子はキャスター脚、アジャスター脚、円盤脚の3種類ある。

興味のある方は、下記まで資料を請求してください。

販売元
フィンガルリンク
130-0005東京都墨田区東駒形2-13-13
tel.03-3625-6543 fax03-3625-6545
スポンサーサイト