FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


昨日、東大・本郷の武藤教授研究室で「第34回日本整形外科スポーツ医学会学術集会」の準備会合。その抄録が出来上がっていた。

P1000032.jpg

この抄録、ちょっと工夫があり、演者やシンポジストなどの顔写真とプロフィールを入れてある。プロフィールはできれば出身高校から書いていただいた。「え、○○高校なの!」という素朴な驚きはあるもの。

この学術集会、7月4~5日、東京・都市センターホテルで開催され、市民公開講座が6日に開催される。オリンピックとパラリンピックの金メダリストが参加する豪華なシンポジウム。詳しくは、同学術集会のホームページをご覧いただきたい。市民公開講座は無料だが、事前に予約が必要です。

学会のほうは、武藤学会長の意向もあり、「軽装」。つまりノーネクタイでよい。シンプル、ヘルス、エコがキーワードでもある。

スポーツ医学の広さと深さ。そのファミリアーなところを満載した学術集会になりそう。

私も運営事務局に参加しているので、取材もかねますが、全日います。よろしくお願いします。(清家輝文)
スポンサーサイト