FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日、東大・本郷の武藤教授研究室で「第34回日本整形外科スポーツ医学会学術集会」の準備会合。その抄録が出来上がっていた。

P1000032.jpg

この抄録、ちょっと工夫があり、演者やシンポジストなどの顔写真とプロフィールを入れてある。プロフィールはできれば出身高校から書いていただいた。「え、○○高校なの!」という素朴な驚きはあるもの。

この学術集会、7月4~5日、東京・都市センターホテルで開催され、市民公開講座が6日に開催される。オリンピックとパラリンピックの金メダリストが参加する豪華なシンポジウム。詳しくは、同学術集会のホームページをご覧いただきたい。市民公開講座は無料だが、事前に予約が必要です。

学会のほうは、武藤学会長の意向もあり、「軽装」。つまりノーネクタイでよい。シンプル、ヘルス、エコがキーワードでもある。

スポーツ医学の広さと深さ。そのファミリアーなところを満載した学術集会になりそう。

私も運営事務局に参加しているので、取材もかねますが、全日います。よろしくお願いします。(清家輝文)
スポンサーサイト