FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

今日、午前中、某社の人とミーティング。

その中で、インダストリアルアスリートという言葉が出てきた。以前、私が聞いたのはコーポレイトアスリート。

つまり、工場など労働現場で働く人をアスリートとして捉えた言葉。神戸アスリートタウン構想のとき、アメリカからNATA、NSCAの代表者、ヒューストンクリニックのドクター、PTの人にもきてもらい、「デザインワークショップ」を2泊3日で行ったが(日本からもドクター、PTの方多数にきていただいた)、そのときにもコーポレートアスリートという表現が出てきた。

腰痛や肩、膝、手首の痛みは労働によっても生じる。その人たちを治療し、リハビリやリコンディショニングを行い、再発しないようにトレーニングもする。それは、まさにアスリートと同様。

神戸アスリートタウン構想の「アスリート」も同様に、スポーツ選手のみならず、からだを使って積極的に明るく生きていこうとする人すべてをアスリートと呼んでいる。

スポーツメディスンが社会をハッピーにする分野だと思うのはそういう点からなのだが、コーポレートアスリートあるいはインダストリアルアスリートという考え方は、チームワークやリーダーシップ、目標設定などという「ライフスキル」ともつながっていく。

世知辛い世の中と言われて久しいが、アスリートやスポーツメディスンが持つ知恵や知識、経験が社会を明るく、楽しくしていけば、少しは変わってくるのではないだろうか。(清家輝文)
スポンサーサイト