FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

今日、午前中、某社の人とミーティング。

その中で、インダストリアルアスリートという言葉が出てきた。以前、私が聞いたのはコーポレイトアスリート。

つまり、工場など労働現場で働く人をアスリートとして捉えた言葉。神戸アスリートタウン構想のとき、アメリカからNATA、NSCAの代表者、ヒューストンクリニックのドクター、PTの人にもきてもらい、「デザインワークショップ」を2泊3日で行ったが(日本からもドクター、PTの方多数にきていただいた)、そのときにもコーポレートアスリートという表現が出てきた。

腰痛や肩、膝、手首の痛みは労働によっても生じる。その人たちを治療し、リハビリやリコンディショニングを行い、再発しないようにトレーニングもする。それは、まさにアスリートと同様。

神戸アスリートタウン構想の「アスリート」も同様に、スポーツ選手のみならず、からだを使って積極的に明るく生きていこうとする人すべてをアスリートと呼んでいる。

スポーツメディスンが社会をハッピーにする分野だと思うのはそういう点からなのだが、コーポレートアスリートあるいはインダストリアルアスリートという考え方は、チームワークやリーダーシップ、目標設定などという「ライフスキル」ともつながっていく。

世知辛い世の中と言われて久しいが、アスリートやスポーツメディスンが持つ知恵や知識、経験が社会を明るく、楽しくしていけば、少しは変わってくるのではないだろうか。(清家輝文)
スポンサーサイト