FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

以前、お話していた、すき焼きの老舗「ちんや」のジュニア向け小冊子「すき焼き百科」が
大詰めを迎えてている。
今日は、そのデザイン等の打ち合わせで、浅草へ。
今日は天気もよく、浅草は一段と賑わいを見せていた。
その多くは、外国の方々。あいかわらず英語以外の言葉も多く飛び交い、平日の昼下がり、日本人のほうが少ないような……。

亡くなった愛犬ダンディの49日があと数日ということで、浅草寺でお線香を買い、帰社。

それから、文字の直しや文章の修正などの作業を行い、この仕事のフィニッシュもやっと見えてきた。


今回、食材の内容で、ご協力いただいていた、東京農業大学の川野因先生に、食材について最終チェックをしていただくことに。
川野先生とのやりとりのなかで、すき焼きのなかに入っている、長ネギの白い部分は、「葉」か「茎」か? 
という素朴な疑問が浮上 \(゜ロ\)(/ロ゜)/

「茎」派と「葉」派に分かれ、結論は持ち越し。
どなたか、わかる方いらっしゃいますか?  (田口久美子)

スポンサーサイト