FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


昨日から、「第34回日本整形外科スポーツ医学学術集会」。今日もこれを書いたら行きます。

昨日の最後は「会長パネル」で、村木征人(陸上競技)、金子正子(シンクロナイズドスイミング)、田名部和裕(高校野球)、新井庸弘(少林寺拳法)、上田昭夫(ラグビー)の各氏をパネリストに招き、「名伯楽に学ぶ現場のスポーツ医学」と題して、約2時間。

まさに現場の迫力に満ちた話ばかり。実演もあり、とても面白かった。

医師には医師の論理があり、スポーツ現場にはスポーツ現場の世界がある。うまくいくときといかないときがある。とくに世界で戦うような場面は一般の判断を超えたところにある。

スポーツ医学が勝利するには、スポーツをさせない方向ではなく、よい方向で(安全で効果的な)、思いっきりできるというあり方に行き着くのがよいと思う。できるだけ制限は少ないほうがよい。ルールと防具はその制限と安全確保の典型。だが、防具もつけすぎると、生身ではできないことをやろうとするから、要注意。

だからこそ、こうしたスポーツ現場の指導者や選手と医療側が正直に交流する機会が貴重になる。意外にこうした機会は少ないし、建設的に話を積み上げていくのも簡単ではない。

ここには書ききれない話。次号103号で写真とともに紹介します。では。(清家輝文)

写真は、パネリストのみなさん。
DSC_0655.jpg
スポンサーサイト