FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

昨日から、「第34回日本整形外科スポーツ医学学術集会」。今日もこれを書いたら行きます。

昨日の最後は「会長パネル」で、村木征人(陸上競技)、金子正子(シンクロナイズドスイミング)、田名部和裕(高校野球)、新井庸弘(少林寺拳法)、上田昭夫(ラグビー)の各氏をパネリストに招き、「名伯楽に学ぶ現場のスポーツ医学」と題して、約2時間。

まさに現場の迫力に満ちた話ばかり。実演もあり、とても面白かった。

医師には医師の論理があり、スポーツ現場にはスポーツ現場の世界がある。うまくいくときといかないときがある。とくに世界で戦うような場面は一般の判断を超えたところにある。

スポーツ医学が勝利するには、スポーツをさせない方向ではなく、よい方向で(安全で効果的な)、思いっきりできるというあり方に行き着くのがよいと思う。できるだけ制限は少ないほうがよい。ルールと防具はその制限と安全確保の典型。だが、防具もつけすぎると、生身ではできないことをやろうとするから、要注意。

だからこそ、こうしたスポーツ現場の指導者や選手と医療側が正直に交流する機会が貴重になる。意外にこうした機会は少ないし、建設的に話を積み上げていくのも簡単ではない。

ここには書ききれない話。次号103号で写真とともに紹介します。では。(清家輝文)

写真は、パネリストのみなさん。
DSC_0655.jpg
スポンサーサイト