FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

小誌102号「足底板の現在~何がどう変わったか」のBOOKS・4頁にて、著者名に誤りがありましたので、訂正致します。

『コアシェイプ』 の書評欄で下記

誤  有吉芳志恵著

正  有吉与志恵著

慎んでお詫びを申し上げますとともに、今後このような間違いを起さぬよう
努めてまいります。

編集部・三橋





スポンサーサイト



次号の特集は、「機能回復」をキーワードに、徳島大学の荒木秀夫教授とそこで学んだ理学療法士など、幅広い分野の人に集まっていただき、座談会形式で論じていただくことにした。

みなさんが集まる時間帯となると、夜遅くになる。深夜に及ぶディスカッションになることは間違いない。それをどう編集するか、今構想中。

その前に、かねてお知らせしているDVD「変形性股関節症の運動療法」の最終版を廣橋先生にチェックしていただくため森ノ宮医療大学に行く予定。

ちょっとハードな仕事になりそうです。でも、面白い特集になりそうです。楽しみにしていてください。(清家輝文)