FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


先日、OR.NOTEの取材で「NPOオーソティクスソサエティ」を訪問。
No.102の特集「足底板」で紹介しきれなかった内田俊彦先生に、今回はいろいろとお話をうかがうことができた。
内田先生が足底板を手がけるようになったわけや、NPOオーソティクスソサエティの目指すところなど興味深いお話を聞くことができた。
そのお話のなかで、いかに自分の足のことを知らないで生活をしているのかという点について、熱く語っていただいた。
たしかに、自分の足のサイズは知っていても、甲の高さなどは知らないものだ。
学生時代に健康診断で身長や体重や座高など、測定するわりには、足の測定などはやった記憶がない。
一流の陸上競技の選手は、メーカーが特注の靴を作ってくれるが、多くのアスリートはそういったことはないのだから、なおさら自分自身で取り組んでいかなければいけない問題なのである。

楽な靴が本当に自分の足にあった楽な靴なのかというと実はそうではなかったりもする。
これは運動靴でも同じ。

足底板のみならず、靴そのもののあり方について考えさせられるお話しとなった。
この内容は、次号No.103にて紹介するので、お楽しみに! (田口久美子)
スポンサーサイト